【綿騙し編】ひぐらしのなく頃に業5話、綿流し編との違い 詩音は登場せず!?

【綿騙し編】ひぐらしのなく頃に業5話、綿流し編との違い 詩音は登場せず!?

10月29日放送の「ひぐらしのなく頃に業」5話より、セカンドエピソード「綿騙し編」がスタートした。出題編「綿流し編」をベースとしたストーリーになるとみられるが、この記事では双方の違いをまとめた。

スポンサードリンク

ひぐらしのなく頃に業5話、綿流し編との違い

1.冒頭の惨劇シーンなし

2.おもちゃ屋の店名が「ダビンチ」と出る

3.おもちゃ屋でのゲーム大会がカルタ取りではなく、いろんなテーブルゲームでバトルする形式に

4.ゲーム大会が魅音のバイトで中断するまでは同じだが、景品が魅音を除く部活メンバー全員にプレゼントされる

5.梨花に耳打ちされた圭一は人形を魅音にプレゼントし惨劇回避?

6.原作の綿流し編にしかなかったカレー対決シーンを収録

7.詩音が登場していない・・・?スタッフロールに名前なし

▼綿流し編ではあった

綿騙し編では6月12日スタート

スポンサードリンク

綿騙し編は6月12日よりスタート。鬼騙し編では10日からだったが、2日ずつ短くなっていく・・・?

全部魅音になってる!?

綿流し編では魅音だけでなく詩音も登場していたが、綿騙し編での詩音?と魅音の反応を見た限り、これらは全て魅音ではないかと思われる。スタッフロールに詩音がなかったのもそのせいではないか。

だとすれば、詩音はどうしたのか。綿流し編では詩音が加害者で魅音が被害者となったが、綿騙し編では立場が逆転するのかもしれない。

スポンサードリンク