【考察】ひぐらしのなく頃に業・祟騙し編では詩音が鉄平を◯す?すでに沙都子へ「ねーねー」モード→ヤッたら確実に詰みます

【考察】ひぐらしのなく頃に業・祟騙し編では詩音が鉄平を◯す?すでに沙都子へ「ねーねー」モード→ヤッたら確実に詰みます

ひぐらしのなく頃に業の祟騙し編で、詩音が鉄平を殺すのではないかとの考察がみられた。しかし、それをしたら詰むため可能性は低いと思われる。

スポンサードリンク

ひぐらしのなく頃に業・祟騙し編では詩音が鉄平を殺す?

祟騙し編の詩音はすでにいわゆる「ねーねー」モードで、沙都子にフレンドリーだ。そのため、沙都子を虐待する鉄平にブチギレて殺すのではないかと考察されている。

祟殺し編では圭一が鉄平を殺し、原作の憑落し(つきおとし)編では圭一、レナ、詩音が共謀して鉄平を殺す。しかし結局、疑心暗鬼となって殺し合いになり全滅するという誰も救われない末路を迎える。

スポンサードリンク

祟騙し編では鉄平を“殺さず撃退”することがカギ

鉄平を殺すと疑心暗鬼になり詰むため、絶対に避けなければならない。

ここまでの「ひぐらしのなく頃に業」では、鬼騙し編で圭一が疑心暗鬼にならず、綿騙し編で魅音へ人形を渡しており、第1関門は突破している。祟騙し編の第1関門は鉄平を殺さず撃退することにある。皆殺し編では逮捕される形で撃退し、次のステップに進むことができた。

ひぐらしのなく頃に業では、鉄平が頓服薬を常用している。つまり、鉄平がL5を発症するなどして自爆するのではないかと予想している。

その後、新たなストーリーが展開されると思うが、いずれにせよバッドエンドは避けられないだろう。

スポンサードリンク

※承認制