熊澤英一郎が流通経済大学院出身はデマ!都内か埼玉にある大学の建築系か

熊澤英一郎が流通経済大学院出身はデマ!都内か埼玉にある大学の建築系か

東京・練馬区の自宅で元農林水産事務次官で父親の熊澤英昭容疑者(76)に殺害された長男で無職の熊澤英一郎(44)は流通経済大学院出身という情報が一部で出回っているが、これはデマだということを伝えたい。

スポンサードリンク

熊澤英一郎は流通経済大学院出身とのデマ拡散

大学院でよくつるんでいた留学生の論文が流通経済の論集に掲載→熊澤英一郎の出身大と決めつけ

熊澤英一郎が大学院のゼミでよくつるんでいた、中国の華僑大学からの留学生女性の論文が流通経済大学大学院の論集に掲載されたということで、英一郎は同大学院の出身だとされている。

流通経済の大学院出身はデマ!同大に建築学部はない

熊澤英一郎は大学時代、建築学部に在籍していたと明かしている。しかし、流通経済大学には建築学部も学科も存在しない。少なくとも、流通経済大学ではないのは確かだ。

スポンサードリンク

都内か埼玉の大学院か

では、大学院は流通経済に進んだのではないという憶測もある。熊澤英一郎は大学院について、このようなことを言っていた。

4年間の大学時代はトップの成績を維持していたといい、それで推薦をもらったようだ。

大学院には内部進学(同じ大学院に進学)外部進学(別の大学院に進学)の2つの方法があり、推薦入試は内部進学にほぼ限定される。受験資格を得るには「一定以上の成績」を修めていることが条件となり、面接などもあるが、推薦された時点で、ほとんど受かったようなものだそうだ。


熊澤英一郎のmixi

熊澤英一郎は東京・国分寺出身。最近までさいたま市に住んでいたようで、10日ほど前に熊澤容疑者夫婦が住む練馬区の自宅にやってきた。つまり、都内または埼玉県内の大学から同じ大学院に進んだ可能性が高いとみられる。

有名大ではない可能性

現時点では、どこだったのかは分からないが、一つの手がかりとしてこのようなツイートをしている。

日本人なら知っているということで、日本の有名大学ではないかと思われるが、そうだとしたら、熊澤英一郎の性格上、確実に自慢するはずだ。しかし大学名を出すことはなく、大学院修士課程を修了したことを自慢している。

そのことから、大学自体はそこまで有名ではないのだと思われる。父親は東大卒で元農水次官の”超エリート”に対し、自分は二流または三流もしくは四流大学出身で、現在はヒキニートでネトゲ中毒の”超落ちこぼれ”。親が優秀でも、その子供までもそうなるとは限らないというわけか。

スポンサードリンク