熊澤英一郎、駒場東邦中学・高校出身だった!いじめられ、母に暴力か

熊澤英一郎、駒場東邦中学・高校出身だった!いじめられ、母に暴力か

東京・練馬区の自宅で農林水産省元事務次官で父親の熊澤英昭容疑者(76)に刺され死亡した無職で長男の熊澤英一郎(44)。今朝放送された「モーニングショー」は英一郎が東大生を輩出する名門校「駒場東邦中学校・高等学校」(東京・世田谷区)の出身だと明らかにした。

スポンサードリンク

熊澤英一郎、駒場東邦中学・高校出身だった


みんなの中学情報より

番組によると

1975年 生まれ(自身のmixiには東京・国分寺市出身と記載)
1987年 名門私立「駒場東邦中学校」に入学
中学2年でいじめにあう
⇒母親に暴力を振う
1990年 駒場東邦高校に入学
1993年 私立大学に入学
⇒別の私立大学に転籍
十数年前 両親と別居、ひきこもりがち
⇒父親が時折訪ね世話

いじめの内容・原因は?

中学・高校の同級生によると

・眼鏡のレンズを割られていた

・上履きでたたかれたり、眼鏡を壊されたりした
⇒いじめられても、敵意をむき出しにしていた

・社会性がなく単独行動していた

6月4日放送「モーニングショー」より

いじめは中学2年の頃から始まり、いじめられたことによる怒りを母親にぶつけたと思われる。

幼なじみによると、当時から母に対して目に余るほど反抗しており、普通ではなかったという。クラスでは目立たない存在で友達もいなかったが、ゲームが好きで、その話をよくしていたそうだ。

▼熊澤英一郎の高校の卒アル写真


とくダネ!より

スポンサードリンク

熊澤家は東大卒多数の”エリート一家”


とくダネ!より

熊澤容疑者の親族によると

「みんな東大。秀才ばっかだから。英昭容疑者の下の弟は確かそうだったと思います」

6月4日放送「とくダネ!」より

しかし、熊澤英一郎は私立大学出身なので、東大卒ではない。モーニングショーは大学名を出さず、英一郎本人も自慢していないことから、有名大学ではない可能性が高い。

熊澤英一郎は大学について

と話している。

つまり、私立の二流以下の建築学部(学科)に在籍していたとみられる。

大学卒業後、大学院に進学。大学4年間はトップの成績を維持し、大学院に推薦入試で入ったそうだ。

大学院の修士課程修了を「高学歴」とドヤ顔する熊澤英一郎。しかし、父親と比べるとショボく感じてしまう。

スポンサードリンク