【最新情報】江東区強盗殺人事件 犯人、手袋で犯行か

【最新情報】江東区強盗殺人事件 犯人、手袋で犯行か

東京・江東区のマンションで住民の加藤邦子さん(80)が無残な状態で死亡していた事件から今日で3日目。警察は犯人について、いくつか手掛かりを掴んでいるものの、逮捕には至っていない。

江東区強盗殺人事件について、新たに分かった最新情報を伝えていこう。

スポンサードリンク

江東区強盗殺人事件の最新情報

報道によると

・現場のマンションに出入りしていた不審な3人組の男は手袋のようなものをつけていた
⇒犯人の指紋は検出されていない

・部屋のテーブルの上に包丁が放置されていた
⇒犯人が台所から包丁を持ち出し、加藤さんを脅して手足を縛ったか

・犯人とみられる3人組のうち、少なくとも1人はリュックサックを背負っていた
⇒盗んだ金品や剥ぎ取ったインターホンを入れた?

スポンサードリンク

事件当日の時系列

~午後10時半ごろ 知人男性が加藤さん宅を訪問
午前11時ごろ 黒いフードにマスク姿の3人組がマンションに入り、30分後に出てくる様子が防犯カメラに映っていた
⇒現場近くの路上に止めた灰色の軽乗用車(所沢ナンバー)で立ち去る姿が目撃される
午後2時ごろ 加藤さんの遺体をケアマネージャーの女性が発見
⇒派遣先の会社を通じて110番通報

▼犯人とみられる3人組の防犯カメラ映像


NNNより

▼犯行に使われたとみられる車の防犯カメラ映像


ANNより

スポンサードリンク