【神経衰弱超え】ひぐらしのなく頃に業24話最終回で沙都子、8桁パスワードを総当たりでH173をゲット!?全部で◯通りあるんだけど…

【神経衰弱超え】ひぐらしのなく頃に業24話最終回で沙都子、8桁パスワードを総当たりでH173をゲット!?全部で◯通りあるんだけど…

神経衰弱でパーフェクトゲームするためだけに、死に戻りを繰り返した説が浮上している沙都子。ひぐらしのなく頃に業24話最終回では、それを超える偉業を成し遂げたようだ。

スポンサードリンク

沙都子、8桁パスワードを総当たりでH173をゲットした説

鷹野が改心したことで、旧作の惨劇が今後一切起こらなくなり、肩を落とす沙都子。次は自らオヤシロ様を名乗り、梨花を再び惨劇の輪廻に閉ざすと宣言。雛見沢を捨てようとする気持ちがある限り、今度の惨劇は永遠に終わらないことを分からせるという。

その布石として、沙都子は鷹野が所持するH173を盗もうと計画。H173が入ったジェラルミンケースには8桁のパスワードを設定し厳重に保管されているが、沙都子は指パッチンを駆使して見事、H173をゲットした。

このシーンだが、8桁のパスワードを総当たりする場合、なんと1億通りもあるのだ。パスワードは一度でもミスると完全にロックされるのか、指パッチンを繰り返しており、その度に死に戻りしていたとしたら、MAX1億回死んでいた可能性がある。

これで、惨劇を起こすも起こさぬも、誰に起こすのかさえも沙都子の思いのままになった。エウアに、それを使うことに良心の呵責はないのかと問われるも、沙都子は最後に選んだカケラが唯一の世界になり、その過程はすべて夢や幻と同じだと、変わらずサイコっぷりを披露した。

そんな沙都子を「繰り返す者としての適性がある」と褒め称えるエウア。これに対し、沙都子は勝つと決めたら絶対に勝つとし、梨花と一緒に雛見沢で暮らす未来を自分が“業”とする以上、それこそが約束された絶対の未来だと、最後の最後でタイトル回収となった。

最後は「大好きな梨花。2人の幸せな世界はすぐそこですわ」と、もはやヒロインではなく悪に堕ちた沙都子が描かれた。

H173を盗んだのは沙都子本人と判明し、メスや拳銃などの道具も自力でゲットした可能性が出てきた。

沙都子の拳銃と小此木が鷹野へ自殺用に渡した拳銃が酷似

冒頭では、綺麗な鉄平に戸惑いながらも利用すると語っており、祟騙し編で鉄平をハメた犯人は沙都子の可能性が濃厚となった。

【関連記事】

スポンサードリンク


※承認制