【ポケモン剣盾】毒タイプがどくどくを使うとターン終了まで全ての技が必中になる現象確認→つのドリルと両立したニドキング+さいはいヤレユータンの並びが登場!※超ロマン砲のため実践で使うのは厳しい

【ポケモン剣盾】毒タイプがどくどくを使うとターン終了まで全ての技が必中になる現象確認→つのドリルと両立したニドキング+さいはいヤレユータンの並びが登場!※超ロマン砲のため実践で使うのは厳しい

ポケモン剣盾で毒タイプが「どくどく」を使うと、そのターンが終了するまで全ての技が必中する現象が確認された。これを利用して「どくどく」と「つのドリル」を覚えさせたニドキングと、さいはいを覚えさせたヤレユータンの並びがダブルで使われるのではないかと話題になっている。

スポンサードリンク

ニドキングヤレユータン台頭!

実際にやってみたが、5回やって全て「つのドリル」がヒットした。「あなをほる」しようが「そらをとぶ」しようが当たる。

なお、毒タイプでどくどくと一撃技を覚えられるのはニドラン♂系統、さいはいはヤレユータンしか覚えないため、必然的にニドキングとヤレユータンとなる。

スポンサードリンク

超ロマン砲で実践向きではない

・コンボの成立に2ターンかかるため、それまでに大抵どっちかが倒される
→耐久力の低いニドキングがよく倒される

・ヤレユータンがニドキングより先に動かないといけないため、この素早さ関係が崩されるとコンボ不成立となる

・さいはいは最後に繰り出した技が選ばれるため、次のターンでも「つのドリル」を選んでも「つのドリル」が二回繰り出されるだけで連続してコンボはできない

・あなをほる、そらをとぶ、ダイビングしていようが当たるが、まもる、みきりには防がれ、ゴーストタイプやダイマックスには効かない

筆者はこのコンボをバトルタワーで検証したが、5回の成立にそこそこの時間を要した。上記の理由でコンボが成立しないからだ。

バトルタワーでもなかなか成立しないのだから、ランクマッチではほぼ無理だろう。超ロマン砲である。

スポンサードリンク