【解説】シェルダーがコブラのサイコガンみたいと話題のガラルヤドラン、タイプ変更・新特性「クイックドロウ」で期待の星

【解説】シェルダーがコブラのサイコガンみたいと話題のガラルヤドラン、タイプ変更・新特性「クイックドロウ」で期待の星

ポケモン剣盾DLC「エキスパンションパス」に、ポケモン剣盾に先行して登場したガラルヤドンが進化したガラルヤドランが登場する。

原種では尻尾に噛みついていたシェルダーが左腕に移動し、まるで漫画「コブラ」のサイコガンみたいだと話題になっている。また、タイプが「みず」から「どく」となり、新特性「クイックドロウ」を習得。期待される1匹となった。

スポンサードリンク

ポケモン剣盾DLCにガラルヤドランが登場

シェルダーがコブラのサイコガンみたいだと話題に!

シェルダーが噛みついた左腕から銃のように毒液を噴射するガラルヤドン。それは寺沢武一による痛快SFアクション「コブラ」の主人公の愛銃「サイコガン」のようだと話題になっている。

コブラは切断された左腕にサイコガンを仕込んでいる。必要な際は精神力をエネルギー波に変えて撃ち出す。なお「コブラ」という名前だがサイコガン含め、毒を使った攻撃をするわけではないので、そこには相違がある。

ロックマンのロックバスターと似ているとの声も。

また、ガラルヤドランがどくタイプになったのは、原種の毒々しい色違いから来ているのではないかという指摘もみられた。

スポンサードリンク

タイプ変更、クイックドロウに期待!

まず、タイプが「みず」から「どく」に変更。結果、弱点は減ったが抵抗も減り、現環境におけるどくタイプの評価もいまいちなので微妙かもしれない。

■原種

2倍:ゴースト、むし、あく、でんき、くさ
半減:ほのお、はがね、こおり、エスパー、みず、かくとう

■ガラル

2倍:ゴースト、あく、じめん
半減:どく、フェアリー、くさ、
1/4:かくとう

ただ、ヤドランは種族値的に物理耐久を生かした戦い方が多く、特にシングルではどくタイプは必中となった「どくどく」を生かした耐久戦法が強いので、どくタイプを生かすこともできる。同じ役割を持ち、環境上位のドヒドイデとの差別化は必須だ。

ヤドラン:95-75-110-100-80-30 (490)
ドヒドイデ:50-63-152-53-142-35 (495)

しかし「どくどく」の技マシンは廃止されたので現状、ヤドランは覚えられない。これに関してはレベルで覚えられるようになる可能性がある。

ポケモン剣盾DLCにおける固有技「シェルズアームズ」は、どくタイプ版「フォトンゲイザー」(ネクロズマ専用技)である。伝説のポケモンの専用技の安売りは毎度のことだが、威力100なので80、90くらいに下げられるかもしれない。

新特性「クイックドロウ」に関しては詳細が発表されていないので現時点では何とも言えない。おそらく、特定の技を強化する特性と思われる。

スポンサードリンク