【速報】南池袋交通事故 87歳プリウス運転手の名前公開!

【速報】南池袋交通事故 87歳プリウス運転手の名前公開!

東京・南池袋の交差点でプリウスが歩行者らを次々とはね、10人が死傷した交通事故で、プリウスの運転手の名前が報じられた。

スポンサードリンク

【大量殺人】南池袋交通事故 87歳プリウス運転手の名前は飯塚幸三

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道で乗用車が歩行者らを次々とはねた。警視庁によると、自転車で横断歩道を渡っていた無職松永真菜さん(31)=同区東池袋2丁目=と長女の莉子ちゃん(3)が全身を強く打ち死亡した。運転していたのは無職飯塚幸三さん(87)=東京都板橋区弥生町=で、同庁は運転操作を誤った可能性があるとみている。

交通捜査課によると、ほかの歩行者ら7人と飯塚さんの計8人も負傷した。少なくとも3人が骨折などの重傷を負ったが、命に別条はないという。飯塚さんも入院した。事故の様子が飯塚さんの車のドライブレコーダーに記録されており、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで任意で捜査する。飯塚さんに持病は確認されていない。免許証は2017年に更新していたという。

4月19日配信「朝日新聞」より

スポンサードリンク

飯塚幸三、けがを理由に逮捕されず

乗用車を運転していたのは87歳の男性で、調べに対し「アクセルが戻らなくなった」と説明しているということで、警視庁は、けがをしていることなどから、逮捕はせず任意で事情を聴くことにしています。

4月19日配信「NHKニュース」より

NHKによると、飯塚幸三は妻と2人暮らしで足を悪くしていて、杖をついて歩いていた。車を駐車させる際は何度も車体を切り返すなど”おぼつかない運転”だったそうだ。

▼飯塚幸三が運転していたプリウス


グッディより

スポンサードリンク