【保育士】松岡佑輔容疑者 実家の実態判明!殺人事件に近所戦慄

【保育士】松岡佑輔容疑者 実家の実態判明!殺人事件に近所戦慄

東京・杉並区のアパートで住人で保育士の照井津久美さんが殺害された事件。逮捕された同僚の松岡佑輔容疑者はどのような人物だったのか。

スポンサードリンク

松岡佑輔容疑者とは


とくダネ!より

・神奈川・横須賀市出身

・津久井浜高校(横須賀)⇒鶴見大学短期大学部保育科(横浜)

・小中学校時代は同級生から「まっちゃん」と呼ばれていた
⇒剣道部に所属していて、ひょうきんで明るかった

・6年前から照井さんと同じ乳児院(杉並区)で働いていた

・就職後も地元であった同級生の集まりに顔を出し、友人の子供らの遊び相手をすることもあった

・部屋はゴミ屋敷で、他の住人の生活音に度々ブチギレていた

・事件前、同僚らに「照井さんに好意を持っている」という趣旨の話をしていた
⇒2人の間に交際関係はなく、照井さんには別の交際相手がいた

「2人が親密にしている様子は見かけられなかった」(乳児院で実習した共通の知人)

4月1日放送「ANN」より

▼中学校の卒アル写真


とくダネ!より

▼”やさしい先生”との評判も・・・


ANNより

松岡佑輔容疑者の実家は、いいことづくめの模範的な家だった

「あそこの家は町内でも真面目な家、いいことづくめの模範的な家だった。今回のことを聞いて『あの子が』と思った…」(松岡容疑者の小さいころを知る近所の人)

4月1日配信「Yahooニュース」(FNN)より

スポンサードリンク

「他の男が刺した」

東京・杉並区で、保育士の女性が殺害された事件で、逮捕された同僚の男が「ほかの男に呼び出された」などと供述していることがわかった。

(中略)

調べに対し、松岡容疑者は、「ほかの男に呼び出されて部屋に入った」、「その男が刺した」などと話し、容疑を否認しているが、警視庁は、現場の状況などから、松岡容疑者1人で照井さんを殺害したとみている。

4月1日配信「Yahooニュース」(FNN)より

犯行時に履いていたスニーカーを捨て、証拠隠滅か

東京・杉並区のアパートで32歳の保育士の女性が殺害された事件で、逮捕された同僚の男が、犯行時に履いていたとみられるスニーカーを捨て、証拠隠滅を図った可能性があることがわかった。

(中略)

これまでの取材で、現場の部屋からは松岡容疑者のDNA型が検出されたほか、犯人のものとみられるスニーカーの足跡が見つかっていることがわかっている。

その後の捜査関係者への取材で、これまでの松岡容疑者の自宅などの家宅捜索で、犯行時に履いていたとみられるスニーカーが見つかっていないことがわかった。

警視庁は、松岡容疑者がスニーカーを捨て証拠隠滅を図った可能性があるとみて調べている。調べに対し、松岡容疑者は容疑を否認している。

4月2日配信「Yahooニュース」(NNN)より

スポンサードリンク