【ポリゴンショックから23年】ポリゴン、公式に許された!?ポケモンGOでピックアップイベント、色違いも

【ポリゴンショックから23年】ポリゴン、公式に許された!?ポケモンGOでピックアップイベント、色違いも

ポケモン海外公式ツイッターが9月19日、「ポリゴンは何も悪いことをしませんでした」とツイート。ついにポリゴンが許されたと話題になっている。

また、海外で先行していた「ポケモンGOコミュニティ・デイ」にポリゴンが選ばれ、色違いの個体も出現している。

1997年のポリゴンショック以来、ポリゴン系統が公式の場に出ることはなかった。23年の懲役で許されたのか。

スポンサードリンク

ポリゴン、公式に許された!?

突然、「ポリゴンは何も悪いことをしませんでした」とツイートしたポケモン海外公式。

この日、ポケモン海外公式は

404エラー
ポリゴンが見つかりません

とツイート。

リプ欄を見た限り、公式が悪ノリしたそうで一部から批判が殺到した。

「ポリゴンは何も悪いことをしませんでした」というのは、それに対する謝罪だと思われる。

しかし、ツイートにはポリゴンショックの件を許されたのだと認識する声が殺到している。

スポンサードリンク

ポケモンGOコミュニティ・デイに選ばれる!色違いも

ポケモンGOでは毎月、「ポケモンGOコミュニティ・デイ」と称して大量発生するポケモンを投票で決めており、それにポリゴンとヒトカゲが選ばれた。9月にポリゴン、10月はヒトカゲが大量発生する。

投票にポリゴンが選ばれたのもそうだが、何より候補にポリゴンが入っているのが驚きだ。

今回のコミュニティ・デイは午前11時から午後5時まで行われ、終了2時間後までにポリゴンをポリゴン2に進化させ、さらにポリゴンZに進化させると、ポケモンGOでは初登場となる「トライアタック」を覚える。

▼投票はポリゴンが1位だった(ツイートのリンクからイベントの詳細が見れます)

▼ポリゴンショックについてはこちら!

スポンサードリンク