【DLC商法で失敗】FF16発表で「FF15」がトレンド入り!「FF13」も関連ワードに

【DLC商法で失敗】FF16発表で「FF15」がトレンド入り!「FF13」も関連ワードに

FFシリーズの最新作「FF16」がPS5で発売することが発表され、トレンド1位を記録している。

一方Yahooリアルタイムでは、大失敗に終わった前作「FF15」がトレンド入り。関連キーワードには「FF13」が浮上している。

スポンサードリンク

「FF15」がトレンド入り!

検索結果には

召喚獣の規模感はFF15に近そうなイメージ

FF15みたいなワープバトル!?

FF15と零式混ぜた感じの、バトルシステムFF7Rか…????

吉田Pが参戦してるからFF15とFF14を足して2で割ったような雰囲気やな!!!

と、FF15など過去作と比較する声があふれている。

一方、FF16を持ち上げてFF15を酷評するツイートもあるそうで、激怒するFF15ファンもみられた。

スポンサードリンク

「FF16はFF15みたいに10年ぐらい発売しないまま別のタイトルになったりしないで」

FF15は2006年5月に開催されたE3で「ファブラ ノヴァ クリスタリス」プロジェクトの中核タイトルの1つ「FFヴェルサス13」としてPS3で発売されることが発表された。

FF13は2009年12月にPS3で無事発売したが、アギト13は零式に改題し2011年10月にPSPで発売。そしてヴェルサス13はFF15になり2016年11月に発売した。

待ちに待ったFF15だが、発売前から「ホストファンタジー」「操作キャラは男のみで花がない」などと酷評され、発売後も「戦闘がつまらない」「ストーリーがクソ」「ヒロインの存在感がない」などと非難された。

日本国内での売り上げは109万本(パッケージ版のみ)だが、すぐさま中古が殺到し、翌年の福袋で在庫処分されたりもしていた(筆者は途中で売りました)

スポンサードリンク

「FF16は1本のソフトで完結させてくれ」

未完成だと叩かれたFF15は2017年より有料DLCで追加ストーリーを配信。本編で描かれなかった仲間の活躍が収録され、当時は1エピソード540円で販売されていたが、このストーリーもあまり評判が良くない。

エピソード グラディオラス(2017年3月配信)

エピソード プロンプト(同年6月配信)

エピソード イグニス(同年12月配信)

エピソード アーデン(2019年3月配信)※1000円で販売

これを受け、

と切実な声も。

FF13もDLC商法をしていた

実はFF13の続編「FF13-2」(2011年12月発売)でも、有料DLCで追加ストーリーが当時600円で配信されている。本編は続きを匂わせるような終わり方で、DLCで補完されるかと思われたが、途中でDLC展開が終了し、未完のまま終わった。


FF13-2ED後の画面

FFシリーズの黒歴史になったFF13、FF15もあり、FF16の敷居はかなり低いとされている。ストーリーがそこそこ良ければ、それだけで絶賛されるだろう。

スポンサードリンク