【悲報】あつ森、中国で発禁!ゲーム内で政治批判が相次ぎ政府が任天堂に怒りの通達との情報⇒無関係との反論も

【悲報】あつ森、中国で発禁!ゲーム内で政治批判が相次ぎ政府が任天堂に怒りの通達との情報⇒無関係との反論も

3月20日に発売されたSwitchソフト「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)。日本国内を中心に大流行しているゲームだが、中国では発禁されたそうだ。情報によると、中国政府を批判する動きが相次ぎ、政府が任天堂に通達。結果、中国の大手オンラインモール「タオバオ」から販売ページが削除されたという。

一方、今回の発禁は政治批判とは無関係で、別の原因があるという指摘もみられた。

スポンサードリンク

あつ森、中国で発禁に!ゲーム内の政治批判で政府が任天堂に怒りの通達!?

WHOのテドロス事務局長も巻き添えくらう

時事通信によると、あつ森は新型コロナの流行で反政府デモを行えない香港の若者の間で急速に広がり、政治的主張を発信するツールとしても使われている。民主活動家の黄之鋒氏も利用を公言しており、「ゲーム内での抗議活動」を呼び掛けていたという。

発禁を受け、「猛男の森」に変更

この投稿者によると、販売はストップしたが、オンラインはまだ遊べる。「どうぶつの森」を商品名に使わなければ引き続き販売できるのではないかという。

しかし、中国が任天堂にオンライン機能を停止するよう通知したとの情報も

スポンサードリンク

一方、今回の発禁は不当な価格引き上げではないかとの反論も

実際、デジタル版の販売は禁止されていないので、停止の理由は悪意のある価格の引き上げだと私たちのほとんどは考えています(nowゲームは10000円に販売されていました(以前は約3500円でした)またはゲームテープを密輸

その原因じゃない!!高額のせい!!それは、非常に多くのプレイヤーがこのゲームを望んでいるが、十分に適用されていないことであり、それは不当な高価格につながる。そのため、電子商取引プラットフォームはこのゲームを削除しました。噂を広めないで、真実を見つけてください。

DeepL翻訳より

CCTVは淘宝網の商人が任意に値上げすることを承認したため、棚はオフになり、商人はこの記事を取り上げて注目を移したと言われています。プラットフォームはまだこのゲームを放送できますが、個人的にはこの発言は不当ではないと感じています。

スポンサードリンク