【悪質】自粛警察、税務署員かたり脅す貼り紙「休業支援給付金を受給したら詐欺罪として告訴します」

【悪質】自粛警察、税務署員かたり脅す貼り紙「休業支援給付金を受給したら詐欺罪として告訴します」

新型コロナウイルスの感染拡大で自粛が求められる中、自粛を強要する自粛警察が全国で悪事を働いている。

ツイッターでは、大阪府(京都府の可能性も)とみられる店舗に貼られた自粛警察の貼り紙が話題になっている。今回の自粛警察は税務署員を騙り、この店に国の休業支援給付金の請求資格はないとし、受給したら詐欺罪として告訴すると脅している。

スポンサードリンク

自粛警察「あなたの店に国の休業支援給付金の請求資格はありません。受給すると詐欺罪として告訴します」税務署員かたり脅す

日付から、5月7日に貼られたとみられる。貼り紙は、この店に国の休業支援給付金の請求資格はないとし、受給したら詐欺罪として告訴すると脅す内容。差出人は「近くに住む税ム所員」で間に1~2文字あるようだがスタンプで隠されている。どうでもいいが、税ム所員ではなく税務署員ではないだろうか。

ツイートには「勝手に貼り紙する時点で犯罪だし、脅迫罪だし、身分詐称もしてる」「何の権利があって休業補償受けるなと言えるのか、的外れもいいとこ」「暇人が全国各地に俄に増えてきてますね」といった声が寄せられている。

スポンサードリンク