【混乱】トイレットペーパー品薄のデマ元は?全国で買いだめ勃発、“ウソが現実”に

【混乱】トイレットペーパー品薄のデマ元は?全国で買いだめ勃発、“ウソが現実”に

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが売れまくる中、トイレットペーパーなど紙製品も品薄になるケースが相次いでいる。これは、あるSNSアカウントが「これから紙製品が品薄になるので事前に購入しておいた方がいい」という趣旨の内容を投稿したのが原因だが、この情報はデマである。

スポンサードリンク

紙製品の品薄が相次ぐ SNSのデマが原因

デマを流したのはフリー介護士の富田優史という男

すでにアカウントを削除して逃亡

スポンサードリンク

ネットの反応

元ドラッグストア店員ですが…
通常トイレットペーパーなどの紙製品は2日に1度ほどのペースで入荷(店舗による)します。変なデマのせいで沢山の人が大量に買うことで、一時的に店舗が品薄状態になりますが、紙製品の殆どが日本製で無くなる事はありません。

大手スーパーでも紙製品がことごとく品切れ。「一部誤った情報」ってところに誤情報を垂れ流しにしたメディアに対する不満がほとばしっていますね。視聴率の為に不安を煽るメディアも、それを鵜呑みにして思考停止して買い占めに走る「言葉の自動機械」の皆様。「美徳」と「矜恃」を持ちましょう。

マスクの次は紙製品かぁ…
みんな情報に敏感だからすぐ無くなるよね

買いだめの必要のないモノを皆が買いだめすることでモノ不足になるという…不安で紙製品を買いたくなったら本を買うのです。知識がつくよ

スポンサードリンク