【品薄】コンタクト洗浄に使われる精製水が売り切れ!テレ朝の番組で紹介されたのがきっかけ

【品薄】コンタクト洗浄に使われる精製水が売り切れ!テレ朝の番組で紹介されたのがきっかけ

コンタクトなどの洗浄に使われる精製水が全国で売り切れている。ねとらぼによると、品薄の原因は「精製水を使った消毒液の作り方」がメディアで紹介され、さらにその情報が「誤って伝わった」からだという。

調べたところ、この情報は複数のテレビ番組で紹介されたようで、最初に紹介したのはテレビ朝日の番組であることが分かった。

スポンサードリンク

精製水の売り切れ、テレ朝の番組で無水エタノールと混ぜてアルコール消毒液が作れると紹介されたのがきっかけだった!

・実はアルコール消毒液は作れるということで、東邦大学看護学部の小林教授に作り方を聞いた

1.無水エタノールと精製水を用意
2.無水エタノール「4」、精製水「1」の割合で混ぜるだけ!

・無水エタノールだけだと「刺激が強すぎる」「蒸発しやすい」ことがあるので水で薄めることが重要

・作った消毒液をスプレータイプの容器に移し替えたりする場合、アルコール対応の容器に入れて使う

この動画に対し、「あんまり余計な事言うなよ、転売屋が直ぐ動くからな」「今度はドラッグストアから無水エタノールが消える」「ここぞとばかりに報道するマスコミに吐き気を憶える」などと批判が殺到した。

ツイッター情報によると、この作り方はテレビ朝日の別番組やTBSの番組でも紹介されたという。

案の定、無水エタノールと精製水が売り切れ 転売も

ツイッター情報によると、無水エタノールは2月から品薄になっているという。

スポンサードリンク

無水エタノールと精製水で消毒液を作るという情報は間違っていないが…

昭和製薬によると

・精製水で薄める必要があるのはあくまで無水エタノールの場合で、精製水が必要ない消毒用エタノールと一緒に精製水を購入してしまう人が多いのではないか

・薬剤師が常駐していないドラッグストアなどの場合、知識のない店員が消毒用エタノールと一緒に精製水を勧めてしまうケースも

・今も「消毒用エタノールと精製水を一緒に買ってしまったがどうしたらいいか」といった問い合わせが相次ぎ、非常に困っている

4月9日配信「Yahooニュース」(ねとらぼ)より

同社は2月ごろの需要増を受け、平時の2倍の量を製造しているが、それでも供給が追い付かないという。

スポンサードリンク