【ラブライブ】「この二次創作書いたやつ原作未履修だろ」→公式初期という闇

【ラブライブ】「この二次創作書いたやつ原作未履修だろ」→公式初期という闇

昨日、ツイッターで物議を醸した原作未履修問題。それに関連して、とあるツイートが注目されている。

「この二次創作書いたやつ原作未履修だろ」

こう語り、「ラブライブ!」シリーズの人気キャラ・西木野真姫の自己紹介文を投稿した。西木野真姫と言えば、総合病院の院長の娘で自身も医者を目指そうと様々な習い事をするなど、かしこくクールな人柄で知られ、算数もできない頭の悪い文章を書くキャラではないはずだ。

したがって、この自己紹介は西木野真姫を全く知らない原作未履修が適当に書いたものだと思われるが、なんとこれは公式の設定だったのだ。

スポンサードリンク

西木野真姫「マキ、15歳♡ 特技は開脚、こう見えて彼氏いない歴”17年”よ!」

絢瀬絵里の自己紹介もひどい!

スポンサードリンク

???「原作未履修だと思った?残念、公式でした!」

「ラブライブ!」は、2010年5月発売の「電撃G’s magazine」に予告が掲載されたのが初。6月発売の同誌への掲載とともに、ラブライブ計画がスタートした。当初は声優が伏せられており、9月発売の同誌で担当声優が公開され、11月発売の同誌ではグループ名が「μ’s(ミューズ)」に決定したと発表された。

その後、ネット番組やラジオへの参入、さらにはライブイベントを開催するなどメディア展開を広げていき、2013年1月にアニメ1期が放送された。現存のファンはアニメで「ラブライブ!」を知ったというのがほとんどだろう。

上記の絵や頭のネジが外れたかのような自己紹介などは、連載初期に描かれていた”紛れもない公式設定”である。

昔のままだったら、ここまで大きくはならなかっただろう

スポンサードリンク