青葉真司の転院先は大阪・狭山市の近畿大付属病院か

青葉真司の転院先は大阪・狭山市の近畿大付属病院か

京アニ・第一スタジオを放火した青葉真司容疑者(41)は全身にやけどをして京都市の京都第一赤十字病院に入院していたが、今朝やけどの治療を専門とする大阪府内の大学病院に移送された。

青葉真司容疑者の転院先はどこなのか。ネットでは狭山市の近畿大学付属病院ではないかと噂されている。

スポンサードリンク

青葉真司の転院先は大阪・狭山市の近畿大付属病院?

やけど治療を専門とする大阪の大学病院に移送

京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火されて34人が死亡した事件で、全身に重いやけどをして市内の病院に入院していた青葉真司容疑者が20日午前、やけどの治療を専門とする大阪府内の病院に移送されました。

(中略)

この事件で火をつけた疑いがあるとして、身柄を確保された青葉真司容疑者(41)は、全身に重いやけどを負い、京都市内の病院に入院していましたが、20日午前10時半ごろ、ドクターヘリに乗せられて、やけどの治療を専門とする大阪の大学病院に移送されました。

ドクターヘリは、午前11時すぎに大学病院に到着し、ストレッチャーに乗せられた青葉容疑者は、頭や足の部分に白い包帯がまかれ、点滴や酸素吸入とみられるチューブが取り付けられていて、動いている様子は見られませんでした。

7月20日配信「NHKニュース」より

ドクターヘリは大阪・狭山市内で着陸→救急車で市内の病院に搬送か


ANNより

スポンサードリンク

転院先は近畿大付属病院?


近大附属病院HPより

調べたところ、狭山市内の大学病院は近畿大付属病院くらいだった。近畿大付属病院には、熱湯センターというやけど専門の部門もあり、青葉真司容疑者の転院先として有力とされる。

病院付近でヘリが飛んでいたと地元民

このような書き込みは午前11時頃からみられ、時間的にも青葉真司容疑者を乗せたヘリの可能性が高いだろう。

スポンサードリンク