【池袋事故】謝罪した飯塚幸三に影武者疑惑浮上 顔バレもサングラス・マスクで隠す

【池袋事故】謝罪した飯塚幸三に影武者疑惑浮上 顔バレもサングラス・マスクで隠す

先月、東京・池袋でプリウスが暴走し、12人が死傷した事故で、プリウスを運転していた飯塚幸三(87)が警視庁目白警察署に出頭。約5時間の任意聴取を受けた。

飯塚幸三は帽子にサングラス、マスク姿で登場。両手のつえをついて、おぼつかない足取りで歩いていた。異様な様子を見せた飯塚だが、ネットでは「影武者かもしれない」という声が上がっている。その根拠とは?

スポンサードリンク

【疑惑】謝罪した飯塚幸三は影武者だった?

①つばの広い帽子に黒のサングラス、マスク姿でうつむき加減と、顔を映されないよう徹底。顔バレしているのになぜ隠すのか

②消え入るような謝罪。声を拾わせないようにした?

③右足を痛めていたということだが、あれはどう見ても「脚部に問題のある身障者」の歩き方。これではペダルすらまともに踏めないのではないか

今になって顔を隠す意味はなく、顔を隠したことで「誠意が感じられない」とマイナスイメージを持たれている。それでも隠すのは、影武者だと悟られるのを防ぐためではないだろうか。

また、両手のつえでおぼつかない足取りというのは演技ではないかとの指摘もある。飯塚幸三は事故直後、自身のFacebookを削除するよう息子に依頼するなど、事故対応は的確である。

もしくは、代理人の入れ知恵なのかもしれない。もし、この飯塚幸三が影武者だとしたら、本物はどこに行ったのか。ネットでは、タクシーで待っていた男が飯塚ではないか指摘されている。

こちらも、つばの広い帽子に黒のサングラスをかけ、マスクはなし。この男は何者なのか。代理人ならこのような格好をするはずはないのだが…。

飯塚幸三の影武者疑惑について、より詳細にまとめた記事は以下

スポンサードリンク