【タクトオーパス7話】やっぱり黒幕はシントラーだった!初のコンダクターバトルが勃発

【タクトオーパス7話】やっぱり黒幕はシントラーだった!初のコンダクターバトルが勃発

タクトオーパス7話が、11月17日に放送された。7話のサブタイトルである「真実」の通り、各地にD2を呼び起こした黒幕はシントラーであることが明らかとなった。

スポンサードリンク

変わる一行

渋滞で立ち往生するタクトたち。ここ数日で街がいくつも襲われ、生まれ故郷から逃げてきた人々が集まっていた。しかし、ここも安全とは言えず、少し離れた山中でD2を見た人がいるという。

それを聞いた運命は、自分がこの街をD2から守ると宣言。タクトにも協力を仰ぐが、タクトは目にクマを作り、心ここにあらずという状態だった。

立ち寄ったモーテルで、運命に何があったのか聞かれるタクト。なんと作曲しているという。6話で立ち寄ったバーでの演奏を経て、作曲に目覚めたそう。しかし、作曲に行き詰っているようだ。

以前は人前での演奏を避けていたタクトだが、ピアノ演奏家として意識が変わってきている。

D2バカだった運命にも変化が。D2被災者のお使いを申し出たり、キャンディで赤ん坊をあやすなどした。相変わらず無表情だが、人間の心も理解しはじめたようだ。これも6話での出来事がかかわっているのだと思われる。

アンナいわく、旅の中で多くの者と触れ合い、そうした出会いが少しずつ運命を変えてきた。運命の成長はタクトの影響も大きく、運命はタクトのピアノが好きだと言っており、タクトのために鍵盤ハーモニカを借りてきている。

D2との戦いで疲弊するタクトを心配する素振りも。以前はタクトが疲弊しても「大変ですね」と他人事だったのに、パートナーとしての意識が高まった。

そして、アンナも。運命いわく、最近はアンナと別行動が基本とのこと。その理由は「分からない」とするも、アンナの態度が以前とは明確に異なっており、自分のことを「コゼット」と呼ばなくなったという。

アンナは運命のことを「あの子」と呼ぶようになり、運命の変わっていく姿を見るのは凄く嬉しいとするも、「あの子はまだコゼットなのかな」と不安もあるようだ。

スポンサードリンク

やっぱり黒幕はシントラーだった!

D2が集まっている山中にやってきたタクトと運命。音叉の音色の先には、シントラーと地獄がいた。シントラーいわく、地獄の力はD2を引き寄せ、たとえ深き眠りの中であろうと呼び起せるという。

各地のD2騒ぎは自分の仕業であることをカミングアウトしたシントラー。世界は大きく疲弊しており、すべての民を支える力はないため、低俗な者を消し、選ばれた者が集う理想の世界を築くという、ポケモンのフラダリみたいな選民思想を披露した。

フラダリは奪い合いをなくすため、命の数を減らすことを決意し、それに至るまでに強い葛藤があった。一方、シントラーは「上級国民だけの国づくり」を目指しており、命の数を減らすことへの葛藤は一切なく、むしろ“陰の英雄”としてもてはやされたいという。

シントラーいわく、はじめて力を使ったのはなんとタクトの街で、自分なりにパーティを盛り上げようと思ったという。コゼットを間接的に殺した敵であり、さすがのタクトのブチギレ激怒。あまりのブチギレに顔芸になっている。

一方、シントラーも自分の誘いを断ったり、ザーガンが自分より期待するタクトに憤りを感じており、両者因縁の対決となる。

次回は初のコンダクター同士のバトルとなる。運命はイレギュラーなムジカートなため、その戦闘力も未知数だが、地獄は5話で大型のD2を一撃で倒す戦闘力を持っており、厳しい戦いになるのは間違いないだろう。

▼シントラーの黒幕疑惑は3話の時点であった

おまけ:7話の運命スイーツ

破壊行為はなし。これも成長の現れ?

スポンサードリンク

※スパム・荒らし対策のため承認制です
※承認は確認次第するため、同じ内容の連投はご遠慮ください