【違い】アニメ版「鬼滅の刃 無限列車編」2話、映画本編から削除されたシーンがリメイクされ新規カットとして復活!

【違い】アニメ版「鬼滅の刃 無限列車編」2話、映画本編から削除されたシーンがリメイクされ新規カットとして復活!

アニメ版「鬼滅の刃 無限列車編」2話以降は映画と同じ内容で、約70の新規カットとBGM、完全新作予告編、新主題歌が展開される。

アニメ版は全7話だが1話はアニメオリジナルストーリーとなっており、残り6話で70カットなため、平均するなら1話あたり12の新規カットがあると思われる。

SNSでは、どこが新規カットだったのか、間違い探しのように行われている。そんな中、映画本編から削除されたシーンが新規カットとして復活したという情報が上がった。

スポンサードリンク

映画本編から削除された駅員と乗客のシーンがリメイクされ新規カットとしてアニメに復活!

情報によると、映画から削除された駅員と乗客のシーンがアニメに新規カットとして復活したという。

このシーンは元々、映画の特報第二弾にあったが、映画では直前で善一が走った後すぐに列車が通過するシーンとなったため、当該シーンはカットされていた。

問題のシーンは0:48

単に復活したのではなく、乗客の服装や年齢などが変わっている。

このほかにも10こくらいの新規カットがあるとみられ、無限列車編を何度もリピートして自身がある人は探してみてはどうだろうか。冒頭でも触れたが、物語は映画と同じなため、ストーリーだけ楽しみたい人は
新規カットがどこなのか分からなくても、物語に支障はないので安心してほしい。

スポンサードリンク


※スパム・荒らし対策のため承認制です
※承認は確認次第するため、同じ内容の連投はご遠慮ください