【ひぐらしのなく頃に卒13話】梨花が祟騙し編をフラッシュバックしたのは生きてた説

【ひぐらしのなく頃に卒13話】梨花が祟騙し編をフラッシュバックしたのは生きてた説

ひぐらしのなく頃に卒13話で、梨花が祟騙し編で大石にボコボコにされた記憶をフラッシュバッグした。これについて、実は生きてたのではないかとされている。

スポンサードリンク

梨花が祟明し編をフラッシュバックしたのは生きてた説

祟騙し編で、大石にバットで殴られ死亡したと思われる梨花。神楽し編でこの記憶だけフラッシュバックしたのは実は生きてたからではないかとされている。生きてたからこそ、祟明し編で明かされた沙都子の自白もフラッシュバックしたのではないか。

しかし実際、バットで何度も頭を殴られ生きていられるはずがない。圭一発症のカケラでは、圭一に一発殴られただけで絶命している。

フラッシュバックは羽入の奇跡とも。エウアに捕らわれた羽入は、道理を成す力は「奇跡」と言っていた。

【関連記事】

スポンサードリンク


※承認制