【モルカー3話】炎天下の中、アビー&飼い猫を放置する主人に対し日陰に置くシロモの運転手「完全に飼い主ぢからの差が出てる」

【モルカー3話】炎天下の中、アビー&飼い猫を放置する主人に対し日陰に置くシロモの運転手「完全に飼い主ぢからの差が出てる」

アニメ「モルカー」3話が、1月19日に放送された。モルカーブーム始まって以来の放送だが、どのような反響があったのか。

スポンサードリンク

モルカー3話のネタバレ

モルカー3話は炎天下の中、運転手がアビーをレストラン前の駐車場に停めるところから始まる。周囲には他のモルカーも停まっており、アビーの中には飼い猫が放置されていた。

猫が苦手なアビーは驚き、転げまわる。それを見た他のモルカーが駆け寄るが、猫に威嚇され日陰に引っ込む。

それからしばらくしても運転手は戻って来ず、中の猫は熱中症でダウン。慌てて日陰に避難するが、中の温度はどんどん上がるばかり。そんなアビーは店内のパフェを見て何かを思いついたようで、一同店内に侵入しドリンクバーに突撃。

すると、屋根からドリンクの雨が降り、衝撃で飛ばされたバルーンをプールにしてモルカーと猫は涼むのであった。

今回は誰も逮捕されなかったが、アビーの主人はプールに飛ばされ、ドリンクまみれになるという末路を迎えた。

シロモの飼い主は日陰に停める「愛を感じた」

モルカー世界の人間は基本的に悪者という感じだが、シロモの飼い主は日陰に停め、モルカー達が店内に侵入した時に振り向いて愛だったといった声も寄せられている。

シロモの飼い主は2話でも、好物のレタスを上げており、とても大切にしているようだ。

シロモに関しては飛ばされた際に一人だけ泣いており、臆病な一面が描かれて細かいとされている。

スポンサードリンク

モルカー3話の反響

ツイッターでは午前11時半現在、「モルカー3話」が6.4万ツイート。また、サブタイトルの「ネコ救出大作戦」が2.8万ツイート、猫の「チャッピー」、「シロモちゃん」などがトレンド入りしている。

モルカー3話はバンナムアートチャンネルに午前8時にアップされ、午前11時半現在で15万再生されている。

公式サイトはアクセス殺到で繋がりにくくなっている。公式ツイッターのフォロワーは現在、21万人に急増している。

スポンサードリンク

※承認制