【綿騙し編】ひぐらしのなく頃に業8話、綿流し編との違い

【綿騙し編】ひぐらしのなく頃に業8話、綿流し編との違い

ひぐらしのなく頃に業8話が11月19日に放送された。今回は綿騙し編のラスト。この記事では、綿流し編との違いをまとめた。

スポンサードリンク

ひぐらしのなく頃に業8話、綿流し編との違い

・7話のラストで梨花が圭一と話した後、行方不明に
→校舎裏で作業着の男と話していたのを目撃される

※綿流し編では、醤油を分けてもらいに行ったきり行方不明となり、同時に沙都子もいなくなる

・梨花の捜索が学校で行われる

※綿流し編では、雛見沢全域で行われた

・魅音の梯子ガタガタ

詩音の方が怖い…(綿流し編)

・魅音は「終わらせないといけないね」とし、梨花がオヤシロ様の祟りの元凶で、自身が祟りを終わらせると呟いていた

※詩音は「呪われているんだよ」とし、沙都子に近づけば祟りに遭うと呟いていた

・魅音に電話で呼び出され、園崎本家に1人で行く圭一

※綿流し編では、綿流しの祟りを止めてもらうようレナと一緒に頼みに訪れる

・山狗とみられる男たちが訪れ、拳銃で対抗しようとする魅音
→「誰の手先で来たのやら」と言っていることから正体は知っている?

※綿流し編ではレナが警察とともに駆け付ける

・圭一は生存

※綿流し編では詩音に殺される

・井戸から見つかったのは“詩音”

※綿流し編では魅音

・梨花は学校の便槽、魅音と沙都子は園崎本家の廊下で亡くなる

※綿流し編では梨花は自殺、沙都子は詩音に殺される

スポンサードリンク

監禁部屋に生活感!魅音のセーフルームも

9話からは祟り騙し編がスタート!

スポンサードリンク