【トレンド】堀藍容疑者、山田未来さんに「LINEブロックされたから殺した」と動機語る 「理不尽すぎる」と反発の声

【トレンド】堀藍容疑者、山田未来さんに「LINEブロックされたから殺した」と動機語る 「理不尽すぎる」と反発の声

静岡・沼津市の路上で、女子大生の山田未来さんが刃物で刺され殺害された事件で、逮捕された同じ大学の堀藍容疑者が「LINEをブロックされたから殺した」などと供述していることが分かったと、NHKが報じた。

これを受け、ツイッターでは「LINEブロック」がトレンド入り。「理不尽すぎる」などと反発の声が上がっている。

スポンサードリンク

堀藍容疑者、山田未来さんに「LINEブロックされたから殺した」と動機語る

先月、静岡県沼津市の路上で女子大学生が刃物で刺され殺害された事件で、逮捕された同じ大学の20歳の男が、「LINEをブロックされたから殺した」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。検察は刑事責任能力を調べるため「鑑定留置」を請求し、精神鑑定が行われることになりました。

(中略)

警察の調べに対し、「山田さんにLINEをブロックされたから殺した。刃物を購入して山田さんの車や自宅を特定して待ち伏せした」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。

堀容疑者は、1年ほど前からLINEで山田さんを何度も食事に誘っていましたが、断られていたということです。

静岡地方検察庁沼津支部は、動機が極端で一方的に執着する様子がうかがえることなどから、専門家による精神鑑定を行って刑事責任能力を調べるため、裁判所に「鑑定留置」を請求しました。

期間は、9日からおよそ3か月間の見通しで、検察は、精神鑑定の結果などを踏まえて起訴するかどうか、判断するものとみられます。

7月9日配信「NHKニュース」より

スポンサードリンク

「LINEブロックしたら殺されるし、直接拒否したら殴られる。理不尽すぎるよ…」

2016年5月に東京・小金井で発生した殺傷事件も、SNSでストーカー行為をしていた男をブロックしたことなどが犯行の引き金となった。ネットでブロックするのも逆効果、リアルで拒否しても逆効果、いざ訴えたらハニートラップだと言われる始末で、被害者側は完全に詰んでいる。

スポンサードリンク