【解決】ランボルギーニ空ぶかし騒動とは リバティ加藤氏と諸星一家が喧嘩→和解、双方謝罪

【解決】ランボルギーニ空ぶかし騒動とは リバティ加藤氏と諸星一家が喧嘩→和解、双方謝罪

ツイッターで「ランボルギーニ空ぶかし騒動」がトレンド入りしている。先週金曜日から3日間かけて行われた世界規模のモーターショー「東京オートサロン2020」(3日間合計で33万6000人が来場)で、改造ランボルギーニを乗り回すことで知られる諸星一家がランボルギーニを空ぶかし、それをリバティーウォークの加藤渉社長が注意したところ、喧嘩になったそうだ。

イベント終了後、加藤社長はインスタで一連の騒動を謝罪。一方、諸星一家代表の諸星伸一さんはインスタでリバティの空ぶかしを疑問視するような投稿をしていた。ところがその後、加藤社長が諸星さんに電話で話し、お互いの誤解が解けたようで、諸星さんも謝罪した。

スポンサードリンク

【話題】ランボルギーニ空ぶかし騒動とは

・東京オートサロンの最終日(1月12日)夕、オートサロンが閉幕し、各ブースでは片付けの作業や終礼が始まりつつあり、許可を得た出展車両から搬出の準備を始めていた

・2台のランボルギーニ(アヴェンタドール)による空ぶかしは執拗に続いており、「やめてほしい」とお願いに行った関係者もいたようだが、空ぶかしが止まることはなかった
⇒通路に出て空ぶかしをおこなっていたため、その2台をLBワークスのクルマだと勘違いして、同社のスタッフに「空ぶかしをやめさせて欲しい」と要望してきた人も

・そこでLB関係者の1人が空ぶかしを続けるランボルギーニのドライバーにやめるように要望したがそれでも止まることはなく、ついにLBワークスのトップである加藤渉氏が交渉に向かった

・ネットの書き込みには「喧嘩」や「乱闘」、中には「殴り合い」と言った表現があるが暴力的なことはなかった
⇒「言い争い」「もみ合い」程度のトラブルだった

・2台のランボルギーニは、標準装着されているマフラー(エンジンにおいて排気ガスが外部へ排出される際に発生する排気音や吸気管に空気が吸い込まれる際に発生する吸気音を低減すると共に、エンジン特性を調整する装置)ではなく、高音が特徴の「スタードロッパー」という自社ブースで取り扱っているマフラーを装着
⇒非常に高額なマフラーで、アヴェンタドール用は1基約200万円くらいするが、公道走行が認められる音量ではない

・搬入後、2台のランボルギーニはそのまま公道を走り続けた
⇒爆音をとどろかせ、激しいフラッシュライトをまき散らしながら、ホール周辺を少なくとも2周はしていた

1月17日配信「Yahooニュース」(AUTOCAR JAPAN)より

空ぶかし→喧嘩の様子

スポンサードリンク

リバティ加藤社長が謝罪

View this post on Instagram

報告と謝罪 この度東京オートサロンでの搬出時の空ぶかしのやり過ぎへの注意をした事により沢山の人達に不快な想いをさせてしまった事を深くお詫び致します。 自分は決して優等生でもありません。優等生にもなるつもりもありませんが、 最低限の大人のモラルをしっかりと頭に入れてこれからも子供達、若者達の見本になれる様に努力して行きたいと思います。 全国各地で車のイベントもこういった勝手なやり過ぎな空ぶかしの行為で中止になって来ているイベントも多くあります。 日本は特に昔と今の時代が変わって来ている事をしっかり理解をして頂き、参加者、来場者の人達としっかりと協力した上でイベントが継続出来る様に頑張って行きたいと思います。 リバティーウォーク 代表取締役 加藤渉

A post shared by Wataru Kato (@libertywalkkato) on

一方、諸星伸一さんは不服

和解へ

View this post on Instagram

最後の対応になります。 よろしくお願いします。 1 イベント中にスカイラインのエンジン始動は深く反省しています。 大変申し訳ありませんでした。 今後はイベントでの公認以外でのマナーを超えた空ぶかし、公道での行き過ぎた空ぶかし行為は一切やらない事を約束します。 2 30人で1人をの内容は全員で注意をしに行った形では無く、終礼時にあの出来事が発生した為。 2回の注意をしたにも関わらず鳴り止まず自分が止めに行った時に自分達でブースで終礼をしていた関係者がそのまま何かあると行けないと思い止めに行った数が30人近くいた形になってしまった事をご理解下さい。 3 昔の話をすれば何度も自分が出来ていない点の方が多かったと思います。 出来てなかった事ばかりだと思います。 今後間違っていた事を一つづつしっかりと反省をして、その反省を必ず次に生かしていく事を心がけて生きて行きたいと思います。 相手に迷惑を直接掛けた時には必ず直接素直に謝りを入れる。 これが大人の対応だと思います。 シルバーメッキのこのアヴェンタドールの彼とは電話で話をしました。 予定されてた指示に従って何もわからず吹かしてただけだったので彼のことは責めれなかったですね🙂謝罪 なので責めないであげて下さい。 お互いの誤解が解けて良かったと思います。 今月の19日で53歳になります。 今後の人生は間違いが100%ないとは言い切れなませんが、 間違ってしまったら間違った事にしっかりと素直に謝り、反省をして、いつか子供達、若者達の大人としての見本となれる様に頑張って努力して行きたいと思います。 最後の自分からのお願いです。 自分はさて置き。 相手へのコメント、誹謗中傷のコメントは今日から絶対にやめて欲しいとお願いしたい。 よろしくお願いします。 漢字が苦手で誤字脱字がある事をご了承下さい。ワァーオ

A post shared by Wataru Kato (@libertywalkkato) on

View this post on Instagram

〜お詫び〜 この度は一連の騒動により、オートサロン主催者、関係者、友人知人、ファンの方々には大変ご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます。 もっと早くに皆さんへ謝罪したほうが(加藤氏と自分の件は)おさまる事はわかっていたのですが、イベント開催中に規約違反で空吹かししたリバティは良くて、イベント終了後に吹かしたこちらサイドだけを非難されるのは、自分自身どうしても引けなかったので。 リバティがイベント開催中に何度か吹かした時は正直その都度ビックリしました。 でも、日頃から妬みやライバル心みたいなものは全くないのでそれを大義名分にして注意しに怒鳴りこもうとは俺は全く思わなかったです。 そして、ブームクラフト飯村氏1人がリバティ30人に囲まれて胸ぐら掴まれたり「殺すぞ」「兵隊連れてくぞ」「会社潰すぞ」と加藤氏に言われたブームクラフト飯村氏本人と直接会ってきちんと真実の内容を自分の耳で聞くまでは、自分もジッと堪えて静観するしかないと思い謝罪の文面が遅くなった事ご理解いただきたいと思います。 ただ、騒動の時に「諸星どこだ!」とパフォーマンスなのか怒鳴ってるのがいたらしいけど、俺は蛍光グリーンの電飾ビカビカの派手なランボルギーニだからわかるだろw 最後に、 何度も言いますが今回の件はリバティvs諸星一家ではないし、加藤vs諸星でもありません。 加藤氏が空ぶかしを開催中にしてた事を認めてくれたのはよいですが今回の騒動で暴力を受けた飯村氏はそれについての謝罪が加藤氏よりまだない事を不満に思っています。 加藤氏と飯村氏の2人がお互いに納得する形をとって初めて今回の件は終結になると思います。 早急に心から和解し握手する日が来ることを自分は望みます。 そして、 オートサロン主催者、関係者、ファンの皆様、 車離れの今の時代、リバティウォークもブームクラフトもカスタムカーにおいては東京オートサロンの要だと思います。 どちらのブースも子供から大人、外国人の方や業者様へも人気や影響力があるのは事実です。 そして今回の騒動は自分にも責任はあると思います。 なので私個人「諸星伸一」はどんな処罰も受ける覚悟でございますので、どうかリバティウォークもブームクラフトも来年の2021東京オートサロンへ仲良く出展していただきたいと自分は強く願っております。 皆さま、この度は不快な思いをさせて本当に申し訳ありませんでした。 諸星伸一

A post shared by 諸星伸一🇯🇵Shinichi Morohoshi (@morohoshi7777) on

ネットの反応

出禁にすれば良い。
あと、公道で見かけた人はその都度通報で。
皆さんの力で全力で排除すれば良い。

来年は出ないでください。お願いします。
今まで頑張ってきたワークス、メーカー
ショップが可愛そう。
東京オートサロンは一流企業が
でる会場です。

諸星一家は下品だってことがはっきりわかるね

そう言う事して話題になるからスポーツカーだったり、車が好きな人が変な目で見られてしまうんだよ。
大体、いい年した大人が、ランボルギーニ乗ってイキッて恥ずかしくないのか?
本当の金持ちはそんな事しない。
貧乏人が目立ちたくて騒いでいたのでしょう。
恥ずかしいですね。

一気に品が悪くなります。来年は車輌運搬の決まりをウインチ搬入でお願いします。
最後に汚点を残すのは駄目。
後を濁さずって大事。

スポンサードリンク