新宿駅南口の歩道橋で首吊り男性、搬送先の病院で死亡 30代、精神障害あった

新宿駅南口の歩道橋で首吊り男性、搬送先の病院で死亡 30代、精神障害あった

新宿駅南口の歩道橋で男性の首吊り遺体が見つかった事件で、産経新聞は男性が搬送先の病院で死亡したと報じた。



新宿駅南口の歩道橋で男性死亡 知人に「これから死ぬ」と話す

6日午後0時15分ごろ、東京都新宿区西新宿のJR新宿駅南口の歩道橋で、「若い男性が柱にマフラーをひっかけて、飛び降りようとしている」と110番通報があった。警視庁新宿署によると、マフラーで首をつり、心肺停止状態になっている30代の男性を発見。男性は通報の直後に飛び降りたとみられ、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は男性が自殺を図ったとみて調べている。

同署によると、男性は精神障害があり、直前まで一緒に飲食していた知人に対し、「これから死ぬ」などと話していたという。現場は甲州街道にかかる「ミロードデッキ」と呼ばれる歩道橋で、駅周辺の商業施設などと接続している。

1月6日配信「Yahoo!ニュース」(産経新聞)より



ネットの反応

亡くなったんだ…
なんであんな場所で。
もう会社(学校)に行くのが嫌で場所も考えずに咄嗟的にって感じなのかな。
切ない

ツイッターで画像が流れてたやつだ。
何はともあれご冥福をお祈りします。

これから死ぬと言う精神障がいを患った知人から目を離す?
ちょっと理解が…。

ここの橋って首吊り自殺の名所になってるね
数年に一度はこうやって自殺する人がいる