【疑問】高1女子ら、美人局で恐喝未遂 被害男性は逮捕されないの?

【疑問】高1女子ら、美人局で恐喝未遂 被害男性は逮捕されないの?

東京・渋谷区のホテルで30代の男性から現金を脅し取ろうとしたとして、東京・港区の私立高1年の女子生徒(16)ら少年少女5人が恐喝未遂容疑で逮捕された。

警視庁によると、男性は路上で少女に声をかけてホテルに誘い込んだところ、少年4人が現れ「まだ17歳だよ。警察に連絡したら終わりだよ」と脅した。現金は奪われなかったという。

男性を脅迫した少年少女が逮捕されたのは納得だが、少女をホテルに連れ込んだ男性は逮捕されないのか。



高1女子らが美人局!「まだ17歳だよ。警察に連絡したら終わりだよ」と脅す

警視庁は8日、東京都港区の私立高1年の女子生徒(16)ら16~17歳の少年少女5人を恐喝未遂容疑で逮捕したと発表した。逮捕は9月22日~10月1日。

警視庁幹部によると、5人は8月1日未明、渋谷区道玄坂のホテルで、同区の30歳代の会社員男性から現金を脅し取ろうとした疑い。この直前、路上で男性が5人のうち1人の少女に声をかけてホテルに誘い込んだところ、ほかの少年4人が現れ、「まだ17歳だよ。警察に連絡したら終わりだよ」と脅した。男性が110番し、現金は奪われなかった。調べに対し、5人は容疑を認めている。

10月9日配信「Yahooニュース」(読売新聞)より



被害男性はなぜ逮捕されないのか

美人局にあった男性だが、少女をホテルに連れ込んだということで、同様に逮捕されるのではないかという声が上がっている。こういった事案は毎日のように報じられているが、ほとんどの場合、男性だけが逮捕され、女性は被害者のような扱いだ。

今回、男性が逮捕されなかった理由は「まだやってなかったから」である。児童買春や青少年育成条例違反で逮捕されるには「現金を渡してみだらな行為に及ぶ」「すぐさまみだらな行為に及ぶ」必要がある。男性は少女をホテルに連れ込んだが、自ら現金を渡しておらず、みだらな行為にも及んでいない。

したがって、男性は逮捕されず、脅迫した少年少女だけが逮捕されたのである。

そもそも、美人局の男性役は行為に及んでから登場するのが一般的

通常、美人局は女性がおとり役になり、みだらな行為に及んだ直後に脅し役の男性が登場するのが一般的だ。行為の直後ということもあり、証拠写真を撮られれば言い逃れできない状況であり、被害者自身も後ろめたいことをしているため警察にも相談ができず、美人局が一方的に脅迫できるシステムだ。

昔の出会い系サイトは美人局が多くはびこっていたが、最近はあまり見かけなくなっている。有料の出会い系サイトやマッチングアプリなどでは、このような連中を排除するシステムが取られているからだ。

今回の少年少女は美人局の手口をよく知らなかったのか、おとり役の少女がみだらな行為に及ぶ前に脅し役の少年たちが登場して脅迫した。もし、みだらな行為に及んだ後に脅迫したとしたら、男性も警察に駆け込むことはできず、一方的に脅迫できたであろう。