ゆたぼんはYouTube規約違反?13歳未満はユーチューブ禁止!?

ゆたぼんはYouTube規約違反?13歳未満はユーチューブ禁止!?

小学生YouTuberのゆたぼんの生き方が物議をかもしている中、そもそもゆたぼんはYouTubeの規約違反ではないかという指摘が寄せられた。その根拠とは?

スポンサードリンク

ゆたぼん、YouTubeの利用規約に違反していた!?

12. 本サービス条件を受諾する能力
お客様は、お客様が20歳以上の成人であること、又は法的に効力のある親若しくは後見人の同意を有すること、並びに本サービス条件に定める条項、条件、義務、確約、表明及び保証を締結し、本サービス条件に従い、これを遵守する完全な資格及び能力を有することを確認します。いずれの場合も、本サービスは13歳未満の子供による利用を意図していません。あなたが13歳未満の場合、YouTubeウェブサイトを利用しないで下さい。あなたに、より適しているサイトが他にも沢山あります。あなたにそのサイトが適しているか、ご両親に相談してください。

本サービス条件は、お客様が本サービスの利用に関する条件を理解することができるように提供されています。お客様は、YouTubeがお客様が本サービス条件を確認するために合理的な機会を提供していること、及び、本サービス条件に同意していることを確認します。

YouTube利用規約より

YouTubeによると、YouTubeに動画を投稿するには年齢条件を満たすGoogleアカウントが必要となる。日本では、13歳からGoogleアカウントを作成することができるが、それ未満だと作ることができない。

保護者がファミリーリンクという機能を使えば、13歳未満の子どもでもGoogleアカウントを作成することはできるが、やはりYouTubeは13歳以上になるまで利用できないという。

アカウント作成時に年齢を偽っていたことが判明した場合、そのアカウントは停止される。ゆたぼんが自分でGoogleアカウントを作っていたのであれば、YouTubeの規約違反でアカウント凍結となるだろう。

スポンサードリンク

親のアカウントから動画投稿はOK?

13歳未満の子どもが自分でGoogleアカウントを作成することはできないが、親が作ったアカウントからYouTubeに動画を投稿するのは可能なのか。YouTubeやGoogleのヘルプを一読したが、親のアカウントから子どもが動画を投稿することについての説明書きは確認できなかった。

ゆたぼん以外にも、子どもがメインのチャンネルは結構あるが、BANされたというのは聞いたことがない。つまり、暗黙の了解ということだろう。

現時点では、チャンネルに広告はついていないが、マスコミやネットが拡散したことで登録者・再生数が急増しており、今後収益化するとみられる。ゆたぼんなど自分の子どもを使ってどこまで稼ぐのか!?

スポンサードリンク