【推移】ホロライブbilibili登録者数が大暴落!桐生ココ8000人、赤井はあと3000人減少

【推移】ホロライブbilibili登録者数が大暴落!桐生ココ8000人、赤井はあと3000人減少

ホロライブ所属のVTuber赤井はあと、桐生ココがYouTubeの生配信で自身のチャンネルの視聴者層の1つを「台湾」としたとして大炎上している。

赤井はあと、桐生ココは3週間の謹慎になったが、中国の動画共有サービス「bilibili」(ビリビリ動画)の公式チャンネルで一つの中国を支持すると主張し、炎上が加速している。

今回の騒動を受け、bilibiliの登録者数が大暴落している。

スポンサードリンク

ホロライブbilibili登録者数が大暴落!


9月29日午後2時現在

これは、ホロライブ所属のVTuberのbilibiliチャンネルの登録者数の推移をまとめたもの。

「台湾」発言で大炎上中の桐生ココは8099人、過去7日間で6万2422人の激減。同様に台湾発言の赤井はあとも3413人、過去7日間で1万6547人が登録解除した。ホロライブ公式チャンネルも3413人、過去7日間で1万6547人の激減だ。

他のホロライバーも数百人から数万人規模で減っているが、その一方で海外向けのホロライバーを中心に増えているライバーもみられる。

▼ホロライブ炎上の中、もっとも伸びたのは新人VTuber「Gawr Gura(がうら・ぐら)」

スポンサードリンク

YouTubeの登録者数はあまり減っていない


9月29日午後2時現在

一方、YouTubeは多くても1000人しか減っておらず、過去7週間では黒字だ。渦中の桐生ココ、赤井はあとに関しては、むしろ増えている。

YouTubeは、日本や運営するGoogleの本社があるアメリカからの視聴が多いとみられる。この2か国では炎上直後は注目されるため、あらゆる数字が伸びる傾向にあり、登録者数が伸びているのだと思われる。

一方、bilibiliは中国の視聴者が多く、中国では炎上直後から数字が減るということのようだ。

▼桐生ココの視聴者層は日本とアメリカ中心

▼ホロライブの登録者数推移が見られるサイト

スポンサードリンク