【新紙幣】数字のフォントやデザインもクソダサいと批判殺到

【新紙幣】数字のフォントやデザインもクソダサいと批判殺到

財務省のホームページで9日、新紙幣および新500円玉が発表された。発行時期は2021年以降を予定。

ホームページでは、新紙幣と新500円玉の見本が公表されているが、デザインがダサいと批判が殺到している。

スポンサードリンク

新紙幣について

財務省によると、新紙幣について、偽造抵抗力強化等の観点から、以下の要領で様式を一新して製造するという。

(1)新たな偽造防止対策等
・高精細すき入れ
現行の「すき入れ」に加えて、新たに高精細なすき入れ模様を導入
・最先端技術を用いたホログラム
一万円券及び五千円券にはストライプタイプのホログラムを新たに導入(銀行券への採用は世界初)
千円券にはパッチタイプのホログラムを新たに導入(記番号について、現行の最大9桁から10桁への変更を予定)

(2)ユニバーサルデザイン(券種間の識別性向上等)
・指の感触により識別できるマークの形状変更及び券種毎の配置変更
・額面数字の大型化(表・裏)
・「ホログラム」及び「すき入れ」位置を券種毎に変更などを予定

◆デザイン・寸法

新1万円札 新5000円札 新1000円札
人物 渋沢栄一 津田梅子 北里柴三郎
東京駅(丸の内駅舎) フジ(藤) 富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」(葛飾北斎)
寸法 縦:76ミリ、横:160ミリ 縦:76ミリ、横:156ミリ 縦:76ミリ、横:150ミリ

2024年上期から発行予定

新500円玉について

財務省によると、新500円玉も、偽造抵抗力強化等の観点から、以下の要領で様式を一新して製造するという。

1.主な形式等
(1)新たな偽造防止技術
・素材に新規技術であるバイカラー・クラッド(二色三層構造)を導入
・貨幣の縁に、新たに「異形(いけい)斜めギザ」を導入(通常貨幣(大量生産型貨幣)への採用は世界初)
・貨幣の縁の内側に、新たに微細文字を加工
(2)素材等
新しい五百円貨幣 (参考)現行五百円貨幣
素 材 ニッケル黄銅、白銅及び銅
(バイカラー・クラッド)
品 位
千分中銅750、亜鉛125、ニッケル125 千分中銅720、亜鉛200、ニッケル80
量 目 7.1グラム 7.0グラム
形 式 別添「資料3」参照 ―
縁 異形斜めギザ
直 径 同 右 26.5ミリメートル

◆素材等

素材 ニッケル黄銅、白銅及び銅
(バイカラー・クラッド)
品位 千分中銅750、亜鉛125、ニッケル125
量目 7.1グラム
異形斜めギザ
直径 26.5ミリ

2021年上期から発行予定

いずれも発行時期が「元号を改める政令」の施行以降であることを踏まえたイメージ。形式等の細部については今後、検討した上で決定するという。

スポンサードリンク

【不評】新紙幣のデザインが”クソダサい”

新紙幣について、ネットでは

・重厚感がなくなり、数字のフォントが外国紙幣みたいになってしまった感は拭えない

・金額のフォントが細くて弱そう。額面より価値低くみえる

・外国人にも分かりやすくアラビア数字を大きく表示するのは賛成なんだけど、フォントをもう少し日本っぽくというか、もう少しかっこいいフォントにしてほしい

・数字フォントのダサさや位置のバラバラ感、色の配色から何から何まで一々落ち着かなくてイライラするわ。渋沢栄一の肖像だってもうちょっとマシなのあっただろ

・数字のフォントださいし、従来みたいに漢数字が真ん中の方が良くない?透かしに肖像画被ってるのバランス悪すぎいい

などと批判が殺到している。

【なぜ】1万円と1000円で数字のフォントが違っている

一方、偽造対策がしっかりしていれば見た目は気にしないという声も

また、新紙幣のデザインがダサいのは、キャッシュレス化を進めるためではないかという指摘もみられた。

いつかは慣れると思う

スポンサードリンク