【札幌爆発】ヘヤシュの除菌消臭スプレーが原因だった!値段に一同驚愕

【札幌爆発】ヘヤシュの除菌消臭スプレーが原因だった!値段に一同驚愕

札幌市豊平区で爆発があり、同店を含む周辺の建物が倒壊、42人が重軽傷を負った事故は、アパマンショップの従業員が室内で除菌消臭用のスプレー「ヘヤシュ」を大量にまいたことが原因だと判明した。

このスプレーは、賃貸契約者が住む部屋を除菌するために使われていた業務用だが、その値段に一同が驚愕した!

スポンサードリンク

札幌爆発の原因は除菌消臭スプレーの大量散布だった!

捜査関係者によりますと、不動産会社の関係者は「爆発の前、室内で廃棄処分する除菌消臭用のスプレーおよそ120本をまいた。手を洗うため給湯器のスイッチを入れたら爆発した」と話しているということです。

製造元の静岡市のメーカーによりますと、スプレー缶には可燃性ガスのジメチルエーテルが使われ、毎月30本をこの事務所(平岸店)に送っていたということです。

不動産会社の事務所は跡形もないほど壊れていて、警察は、室内に充満したスプレーの成分に引火して爆発した可能性があるとみて調べています

12月17日配信「NHK NEWS」より

爆発直前に店内で男2人がスプレー缶を噴射していたとの証言

◆スプレー缶のガス抜き作業を目撃した女性も証言

(昼の)12時15分ごろに建物(アパマンショップ)の横を通ったんですね
そこで多分、20代ぐらいの男性が2名いたんですね

すごい勢いでスプレーを出していたんです
手元が白くなるぐらい出していて…

白い缶でした、縦長です

1人がしゃがんでいて、1人が中腰だったような…

足元の段ボール箱にも、複数のスプレー缶があったそうだ

12月18日放送「とくダネ!」より

▼当時の再現CG


とくダネ!より

事故現場周辺の28棟被害

市消防によると

事故現場の周辺では、建物28棟、車両24台が被害を受けていた。他にも被害が出ている可能性がある

12月17日配信「時事通信」より

▼爆発時、建物内にいた人数


グッディより

▼男女別重症者数


ビビットより

現場から見つかったスプレー缶は「へヤシュ」

・高さ約18センチの200ミリリットル入りで、マツやヒノキなど10種類の樹液が使用

・1回押すと約4分間、自動で噴射

・使用期限は2年間

・賃貸物件の契約者が入居する前に部屋を除菌・消臭するために使われていた業務用
⇒一般には販売しておらず、アパマンショップ本社の指示で系列店は同じものを仕入れ

◆公式の説明

お部屋に消臭成分を噴射。
お部屋の隅々までニオイのない空間にします。
わずかな時間でお部屋が生まれ変わったようにすっきり。
植物由来の消臭成分だから、どんなお部屋でも安心してお使いいただけます。

ヘヤシュHPより

◆使用方法

①火のもとは全て消し、ガスの元栓を閉めブレーカーをOFFにする、内釜式浴槽の場合、種火・ヒーター等は必ず消す。室内の換気を完全に止め、窓は全て閉める。ガス漏れ警報器を必ず切る
②室内の中央に倒れないように置き、ボタンをカチッと止まるまで押し込む。噴霧開始後は直ちに退室し閉めきる。噴霧後は拭き取る

極めて可燃性・引火性の高いエアソール、強い眼刺激、遺伝子疾患のおそれ、生殖能または胎児への悪影響のおそれ、呼吸刺激を起こすおそれ、または眠気やめまいのおそれ、長期にわたるまたは反復ばく露による臓器の障害

▼実際に使用すると・・・

▼スプレー缶にはこんな注意書きも


モーニングショーより

値段は?

1本6000円(税別)で店舗販売


ビビットより

アパマンショップ加盟店HPによると

◆入居前の消臭抗菌サービスだと・・・

1R~1DK:12960円(税込)
1LDK~2DK:16200円(税込)
2LDK~3DK:19440円(税込)
3LDK~4DK:22680円(税込)
4LDK~5DK:25920円(税込)

30平方メートル未満の部屋には2分の1本程度、30平方メートル以上の部屋には1本が使用

ヘヤシュとは


ヘヤシュHPより

ヘヤシュHPによると

会社名:株式会社ヘヤシュ
所在地:静岡市葵区常磐町1-8-6常磐町アイワビル5F
代表取締役:藤井嗣也
設立:平成22年11月
資本金:200万円

・部屋専用の消臭シリーズ「ヘヤシュ」の製造・卸売を行う

ヘヤシュはアパマンショップの関連会社

▼実はアパマンショップの社長も取締役だった!

スポンサードリンク

札幌でのスプレー缶の排出方法は?

札幌市HPによると

・中身を使い切り、穴を開けずに「別袋」(透明または半透明)に入れて収集日の朝に、ごみステーションへ出す

・中身を使い切れないスプレー缶類は、各清掃事務所・消防署(出張所)・地区リサイクルセンターで引き取ってくれる

・スプレー缶・カセットボンベは、無料で収集

一方、事業系はガス抜きしてから収集

・企業が排出する事業系ごみは民間業者が収集

・札幌市の業者は「爆発などの危険があるので、安全確保のため完全にガスを抜いてもらっている。同様の対応の業者が多いのではないか」と証言

・今回の爆発原因とみられるスプレー缶のガス抜きをしていた不動産店からの廃棄物は事業系ごみ

12月17日配信「毎日新聞」より

スポンサードリンク