【相模原市南区】ロープでバイク転倒 殺人未遂事件として捜査

【相模原市南区】ロープでバイク転倒 殺人未遂事件として捜査

今日未明、神奈川県相模原市で道路に張られたロープでバイクが転倒し、運転手の男性が腰を打つなどのけがをした。警察は殺人未遂事件として捜査している。

スポンサードリンク

ロープでバイク転倒・・・殺人未遂事件として犯人を追う

26日未明、神奈川県相模原市で道路に張られたロープでバイクが転倒し、運転手の男性が腰を打つなどのけがをしました。警察は殺人未遂事件として捜査を始めています。

午前3時半ごろ、相模原市南区の住宅街で、45歳の男性が運転するバイクが道路に張られたロープに引っ掛かって転倒しました。男性は腰を打つなどの軽いけがです。警察によりますと、道路は幅が4.6メートルで、ロープの一方は電柱にくくり付けられていました。

捜査関係者によりますと、近くの防犯カメラには事件直前にロープを張って立ち去る男の姿が映っていました。男は茶色のジャンパーに白色のズボンをはいていて、カーキ色の帽子をかぶっていたということです。警察は殺人未遂事件として立ち去った男の行方を追っています。

12月26日配信「ANN」より

事件現場


ANNより


ANNより

▼この場所の地図

続報⇒【神奈川】相模原市ロープ事故の被害者がツイッターに登場!犯人へ注意喚起

スポンサードリンク