【陽太のジイジ】渡辺陽太の祖父が逮捕にブチギレ激怒「会社に入れる気は毛頭ない」

【陽太のジイジ】渡辺陽太の祖父が逮捕にブチギレ激怒「会社に入れる気は毛頭ない」

酩酊状態の女性に乱暴したとして、準強制性交容疑でミスター慶応こと慶応大学2年の渡辺陽太容疑者(22)が逮捕された事件で、10月18日放送の「直撃LIVE グッディ!」はカメラなしという条件で渡辺陽太容疑者の祖父を直撃。インタビュー内容を報じた。

スポンサードリンク

渡辺陽太の祖父へのインタビュー

私は陽太のジイジです
きのう夕方、息子(渡辺容疑者の父親)から(逮捕されたと)電話あってびっくりした
被害者に申し訳ない

――ミスター慶応を目指したきっかけがおじいさんらしいですが?
身長も182cmあって、だから芸能人になれって言ったの

――今後について
懲役5、6年いったほうがいい
(渡辺容疑者には)もう会いたくない

――学生時代について
陽太は頭は良かったけど、中学生のころからおかしくなった
高校へと進学してすぐ問題(自転車窃盗)を起こして退学になった
そのあと、スイスに留学にいって・・・ニュージーランドに留学して・・・
まあなんだかんだ、いろいろあったよ

――ファッションについて
陽太は格好とかピアスとか、頭冷やした方がいい
いつも派手な格好でおかしい
頭も白にしたり・・・僕は理解できない

――会社について
だから息子も私も陽太を(家族で経営する)会社に・・・入れる気は毛頭ないの
(経営する会社に)1回アルバイトに来てくれたんだけど、なかなか起きてこなくて
怒ったけど屁のカッパ
ずぶとくて、ずうずうしいの

10月18日放送「直撃LIVE グッディ!」

▼逮捕された渡辺陽太容疑者


10月18日放送「ANN」

スポンサードリンク

”お爺ちゃん孝行”するはずが絶縁宣言へ

渡辺陽太容疑者は、かつてのブログでこのようなことを語っていた。

ミスター慶應への挑戦の動機づけとしてはいろいろあるのですが、結構大きいのがお爺ちゃん孝行ということです。お爺ちゃんは僕が慶應大学に進学することを決めてから、「折角慶應に入るんだから、石原裕次郎みたいになれ!」と発破をかけたのでした。

慶應の先輩でもある石原裕次郎さんは昭和の大スターだったそうですが、お亡くなりになったのが1987年で、僕が生まれたのが1996年ですからね~。お爺ちゃんの激励にどう応えたらいいのか、困惑してしまいました。

しかしお爺ちゃんからすると、今回のミスター慶應への挑戦は石原裕次郎みたいになることと何処か繋がるところがあるみたいで、よく分かってないみたいだけど、喜んでくれています。

2016年7月5日投稿「ミスター慶應コンテスト2016公式ブログ」

お爺ちゃん孝行するはずが、「もう会いたくない」と絶縁宣言までされてしまった渡辺陽太容疑者。多くの人を裏切った男の罪は大きい。

渡辺陽太の新証言「金持ちの女からお小遣いをもらっていた」

番組は、渡辺陽太容疑者の知人を直撃。金銭事情についての証言を報じた。

「服はかなりお金かかっていました。だいたいお酒だったり服だったりに使っていたんじゃないですか」

「『今日は50万円くらいもらった』みたいな話が結構な頻度で(SNSに)上がっていて、だいたい札束持ってて笑顔みたいな感じだったんですね」

「僕の友達いわく、かなり所得のある方(女性から)のお小遣いをもらっていたみたいな話は聞きましたね」

10月18日放送「直撃LIVE グッディ!」

金持ちの女から”お小遣い”という名目で多額の金を貢いでもらい、金には困っていなかったはずだが、渡辺陽太容疑者に財布から金を盗まれたとの証言がツイッターでいくつか上がっている。金欲しさというよりかは、弱者からなけなしの金を奪うことに快感を覚えたのだろうか。

詳細はこの記事で紹介している⇒【余罪】渡辺陽太、高校生に飲酒強要か 財布から金を盗まれたとの証言も

▼自称Sの渡辺陽太容疑者

渡辺陽太の祖父は「渡辺元」

祖父・渡邉元(地商土木グループのトップ。愛媛県出身。韓国人)

詳細はこの記事で紹介している⇒【実家は元麻布】渡辺陽太の家族がヤバい!地商土木グループ経営の富豪一家だった

渡辺元氏は番組の取材で、「息子も私も陽太を(家族で経営する)会社に・・・入れる気は毛頭ないの」と語ったが、渡辺一族が経営する地商土木グループの子会社のいくつかは、渡辺陽太容疑者は取締役の席を与えられている。ただのアルバイトではなかったのか。

▼(名前はぼかして隠したが)次男や三男も会社経営に携わっている

【ミスター慶応】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/ミスター慶応

スポンサードリンク