【実家は元麻布】渡辺陽太の家族がヤバい!地商土木グループ経営の富豪一家だった

【実家は元麻布】渡辺陽太の家族がヤバい!地商土木グループ経営の富豪一家だった

酩酊状態の女性に乱暴したとして逮捕されたミスター慶応こと慶応大学2年、渡辺陽太容疑者の家族がネットで特定された。その正体は、建設業界専門の人材派遣会社・地商土木グループを経営する一族だったのだ。

スポンサードリンク

渡辺一族

祖父・元(地商土木グループのトップ。愛媛県出身。韓国人)
祖母・Eさん
父・元一郎(元の長男。株式会社地商土木の社長。特定非営利活動法人「やすらぎの会」会長)
母・Kさん
叔父・哲也(元の三男。グループ会社8社の社長)
長男・陽太(慶応2年。準強制性交容疑で逮捕)
次男・Dくん(東大生)
三男・Kくん(高校生)
長女・Yちゃん(小学生)

▼実家マンションは地商コーポレーション名義

渡辺陽太容疑者は、このマンションに家族と同居していた。因みに家賃は、うん百万との噂。さぞかし儲かっているのだろう。

祖父・渡辺元について

渡邉元さんは、愛媛県今治市出身。地元の高校を卒業後、江戸川区の百貨店で仕事をした後、昭和36年に独立し、車で衣料品の行商を始めた。行商の仕事をやりながら、昭和37年には市川に衣料品の店舗を持ったが3年後に倒産。昭和40年には江戸川区と浦安に2店舗の焼肉店を開店させて6年間続けた。

その頃、友人が土建業の仕事をやっていた関係もあり、昭和49年4月に桜木町に建設業界専門の人材派遣会社「(株)地商土木」を設立した。当時、千葉では人材派遣の労務事業を真っ先に手がけたパイオニア的存在の会社である。

平成2年9月には社名を「(株)地商総業」に変更。同時期に「(株)地商土木」を新規設立。平成6年1月には若葉区若松町に「(有)第一元商」を設立。平成7年2月に市原市に「(有)市原地商」、平成8年10月に中央区末広に「(株)地商土木蘇我営業所」を設立した。

土木工事業や建築工事業、大工工事業、左官工事業、鉄筋工事業など、建設に関する様々な専門技術者が登録しており、地商グループは50社、契約作業員は約3000人。「私は35歳の時、裸一貫でゼロからスタートした。運と努力で順調に会社を伸ばすことができた。仕事上で苦労した思いはあまり無くて、時代の波に乗っていたのだと思う。

地域の人たちに恩返しをする意味で、3年ほど前に若松町に「NPO共生協会(責任者:三男)」、桜木町に「NPOやすらぎの会(責任者:長男)」を設立し、生活困窮者や高齢で働けない人などの生活援助と社会復帰のためのサポートを始めた。両施設で全部で約200人が社会復帰を目指して生活をしている。

今年の夏頃には、稲毛区に「あけぼのの会(責任者:地商グループ役員)」がオープン予定。また、約3年前、「ちばテレビカラオケ大賞21」の二代目主宰者の山口正美さんに依頼され、同番組の企画・運営・制作を担当するオーナーに就任した。

2005年4月8日配信「稲毛新聞」

私は韓国で生まれ、父の実家の愛媛県で育ち、高校を卒業して千葉で事業を始めてから55年になります。

2013年5月9日配信「同」

渡辺元氏が代表取締役を務める地商土木グループの大元「(株)地商総業」は今年で創業44年。自身も79歳を迎えた。

▼地商土木グループのゆるキャラは「智将ドボくん(本名:土井朴之進)」というもの


地商土木グループホームページ

父親・渡辺元一郎について

渡辺元一郎氏が経営する会社は以下となっている。

社名:(株)地商土木
本社所在地:千葉県千葉市若葉区桜木6-17-22
設立:平成2年7月
資本金:1000万円
売上高:20億円(平成25年9月期)
代表者代表取締役:渡邉元一郎
従業員数:職員45名、従業員350名(平成25年10月1日現在)

地商土木グループホームページより抜粋

この他、(株)地商コーポレーション、(株)地商ファクトリーなどの代表取締役も務めているようだ。

叔父・渡辺哲也について

生年月日 : 1969年1月20日(49歳)
出身地 : 千葉市
卒業高校 : 千葉市立千葉高等学校
卒業大学 : 立教大学
前職:サラリーマン

とにかく人を大切に「社員一人ひとりを成功させたい!」という熱い想いでグループ会社8社の社長や多くの社員に愛情を注ぎ影響を与えている渡邉社長。

会社名:株式会社バックヤード
代表者名:渡邉 哲也 (代表取締役)
所在地:千葉県千葉市中央区弁天1-2-12 弁天町沼澤ビル2F
設立:1994年01月01日
資本金:500万円
従業員数:600~1,000人未満
従業員の平均年齢:30~35歳
業種:建設・土木

第一元商は、平成6年に創業、建設・土木を中心に時代の変遷に対応し、顧客第一に考え対応させていただいております。
(中略)

そういった時代の中で、いかなる時代においてもお客様のニーズを探り、より質の高いサービスの提供を心がけると共に、社会貢献のできる企業を目指して参ります。

Buzip+千葉」より抜粋

社名:(株)Kスクエア(第一元商グループ) 
所在地:千葉県千葉市若葉区都賀4-4-5
設立:平成26年5月
代表者代表取締役:渡邉 哲也
従業員数:職員41名、従業員254名

▼渡辺哲也氏の会社一覧

(株)第一元商(1994年1月)
(株)宮崎興業(2005年9月)
(株)シマノ(2009年1月)
有料老人ホーム「アートヒルズ蘇我」(2009年5月)
(株)ピラミッドワークス(2010年11月)
(株)バックヤード(2012年1月)
(株)Kスクエア(2014年5月)
(株)Kスクエア 沖縄事業所(2015年2月)

Kスクエアより抜粋

スポンサードリンク

しかし地商土木グループには、よくない噂も飛び交っている

若葉区桜木㈱地商土木、保護給付者へ宿とめしをあてがう。ただし保護者から毎月の給付金、1人頭約13万円弱(住居費含)から8万5千円吸い上げる。市の生活保護給付金、年約400億円。㈱地商へ0、5割。いや1割近くはいってる??。

若葉区内の至る所にある㈱地商の生活保護者用の寮、入居者が優に1、000人余はいるだろうとの噂だ。生活保護給付者を集めるのに、今や神奈川や埼玉にまでいって、リクルートしているらしい。

5ch

地商土木は建設業界専門の人材派遣業の会社ですが、地商グループとしていくつかのNPO法人(NPO共生協会、NPOやすらぎの会、NPOあけぼのの会)を立ち上げています。

地域を元気にしたいといい、生活困窮者や高齢で働けない人などを支援したいとうたっていますが、実際には貧困ビジネスといわれる、生活保護受給者を対象にした宿泊施設をつくり、他と同じように生活保護費を搾取しています。

また、生活保護受給者をグループの施設で働かせたりして、NPO法人をうまく利用して、有料老人ホームなどもつくり、かなりの利益をあげています。

5月2日投稿「Tap-biz」より抜粋

【ミスター慶応】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/ミスター慶応

スポンサードリンク