兵庫・赤穂市で母子が行方不明 父親の発言に批判の声「いかに子供と奥さんに関心ないかがわかるね」

兵庫・赤穂市で母子が行方不明 父親の発言に批判の声「いかに子供と奥さんに関心ないかがわかるね」

9月1日夕、兵庫県赤穂市の市立野外活動センターの駐車場で、市内に住む男児(4)が1人で泣いているのを通行人が発見し、警察が保護した。男児にけがはなく、水にぬれた様子もなかった。

男児と一緒にいたとみられる母親(40)と生後2カ月半の弟の姿が見当たらず、警察などが2日も捜索を続けたが、見つかっていない。

スポンサードリンク

兵庫・赤穂市で母子が行方不明 母親の車に「探さないで」のメモ

1日午後6時10分ごろ、兵庫県赤穂市御崎の市立野外活動センターの駐車場で、男児(4)が1人で泣いているのを通行人が発見し、赤穂署に通報した。男児と一緒に来ていたとみられる母親(40)=同市=と生後2カ月半の弟の姿が見当たらず、警察などが2日も捜索を続けたが、見つかっていない。

同署などによると、現場の駐車場は海岸から100メートルほどの距離にある。男児にけがはなく、水にぬれた様子もなかった。保護された直後、署員に「(母親らと)一緒に車で来た」と話したといい、駐車場には母親が運転してきたとみられる軽乗用車1台が止まったままだった。

その後、車内から「探さないで」と走り書きされたレシートが見つかった。誰がいつ書いたかは不明で、同署は3日も午前8時ごろから捜索を再開する予定。

男児が発見された1日、同署が50代の会社員の父親に連絡したところ、「(1日)午後3時ごろ、家を出たまま帰っていない。用事で出て行ったと思っていた」と話したという。自宅には書き置きなどはなく、母親の携帯電話が残されていた。

2日の捜索活動は兵庫県警機動隊と赤穂署約50人のほか、消防団や姫路海上保安部も加わって陸と海から行い、午後6時にいったん打ち切った。

市立野外活動センターはJR播州赤穂駅の南東約3キロに位置し、キャンプ場やバーベキュー施設などがある。

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201809/0011604012.shtml

男児が見つかった駐車場

スポンサードリンク

「いかに子供と奥さんに関心ないかがわかるね」

母子の行方不明に対し、父親は「用事で出て行ったと思っていた」とコメント。この発言について一部ネットでは「普通は心配で連絡するだろ」「いかに子供と奥さんに関心ないかがわかるね」「子供連れて出掛けるのに付いていかないどころか行き先も知らず何も言わずに見送る旦那おかしいでしょ」など批判殺到。

さらに自宅には、母親の携帯電話が残されていたという事実について「最初から消えるつもりだったのかな?」「単純に短時間で帰ろうと思ってたからじゃないかな」「旦那に探してほしかったから」といった声が寄せられている。

また母子が行方不明になった理由について「男児と母親だけ拉致された?」「駆け落ち??? 」といった憶測も飛び交っている。

【続報】【赤穂母子行方不明】7キロ先の海岸で中年女性遺体 母親か

スポンサードリンク