【埼玉】川口市でひき逃げ事件 被害女性の娘が情報提供を呼びかける

【埼玉】川口市でひき逃げ事件 被害女性の娘が情報提供を呼びかける

7月28日、埼玉県川口市でフィリピン国籍のイトウ・ジョセフィン・ラメダさん(56)が倒れているのが見つかり、イトウさんはその後、死亡した。警察はひき逃げ事件として捜査している。



川口市でひき逃げ事件 フィリピン国籍の女性死亡

午前2時すぎ、川口市の路上で「女性が自転車とともに倒れている」と近くに住む男性から通報がありました。警察などが駆け付けたところ、フィリピン国籍のイトウ・ジョセフィン・ラメダさんが頭から血を流して倒れているのが見つかりました。イトウさんはすぐに病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて、まもなく死亡が確認されました。

警察によりますと、イトウさんは勤務先の飲食店から自転車で帰宅する途中だったとみられるということです。自転車の後ろの部分が壊れていることから、車に後ろから追突された疑いが大きいということです。

警察はひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180728-00000025-ann-soci



被害女性の娘がツイッターに登場

ツイッターユーザーのえりすけさんが、イトウさんひき逃げ事件の記事を引用し、「私の母親です。本当に許せません」とブチギレ。続けて、「昨日まで元気でした、でももうこの世にはいません。こんな形で亡くなるなんて思ってもいませんでした。本当に悔しいです」と胸中を吐露した。

最後に「時間帯的に厳しいかと思いますが、小さな情報でもいいので…」とツイッターでの情報提供を呼びかけた。

その後のツイートでは、「一刻も早く犯人が見つかって欲しいです」と願うとともに、「犯人、絶対に許さないからな」と怒りをあらわにした。

えりすけさんによると、現場は川口市東本郷から大竹、原方面のバス通り。自宅までおよそ100mのところでイトウさんは亡くなった。生活道路で深夜2時すぎにこの道を通るのは地元民の可能性が高いらしい。

▼現場の地図

【川口市ひき逃げ事件】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/川口市ひき逃げ事件