【ブロガー】イケダハヤト氏、Hagex刺殺事件を受け、はてな社に対策求める「不正ユーザーがアカウントを多重取得できないようにすべき」

【ブロガー】イケダハヤト氏、Hagex刺殺事件を受け、はてな社に対策求める「不正ユーザーがアカウントを多重取得できないようにすべき」

人気ブロガーのイケダハヤト氏がブログで、6月24日に亡くなった人気ブロガーHagex氏の刺殺事件を取り上げた。記事では「犯人は何度もアカウントを取得して迷惑行為を行っていた」という事実を挙げ、そのうえで「はてな側でできることはあったのでは?」と疑問を投げかけた。

スポンサードリンク

イケダハヤト氏の対策案

・はてな側で、不正ユーザーがアカウントを多重取得できないようにすべき。そういう仕様にしてしまえば、手も足もでなくなる

・もっとも簡単なのは、SMS認証の要求。何度もアカウントを取得するユーザーに対しては、電話番号を要求する

・免許証やパスポートをアップロードさせるのも効果的かもしれない。「匿名ではない」という意思を伝えるだけでも、かなり抑止になりそう

・もう少し高度にやるなら、デポジットを求めるのもあり。アカウントを追加で取得する際、3000円のデポジットが求められ、BANされたら没収

・はてな社は、通報行為を一部のユーザーたちに委任して、コミュニティを巡回してもらうのも良い。没収したデポジットを報酬としてもいいかもしれない

・ポイントは「迷惑行為が仕様的にできないようにする」ということ。もしアカウントの多重作成が不可能であれば、今回の事件は少なくとも当該ブロガーに矛先が向かうことはなかったのではないか

http://www.ikedahayato.com/20180626/76125890.html

▼ツイッターでは、自身の今後について言及

ここまで一貫しているのは、特定のユーザーを”徹底的に排除すべき”という考え。しかしそれだけでは、根本的な解決にはならないだろう。ターゲットを変えたり、ほかのサイトで悪さをしたり、Hagex刺殺事件のようにリアルで犯罪を起こす可能性もある。自己保身に走っているうちは”低能先生”のようなユーザーは減らないと思ったほうが良さそうだ。

スポンサードリンク

Hagex氏との関係

▼2012年11月より、イケダハヤト氏のアンチブログを開始していた模様


Hagex氏のブログより

イケダハヤト氏に関する記事→http://hagex.hatenadiary.jp/search?q=イケダハヤト

【Hagex】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/Hagex

スポンサードリンク