【新幹線殺人事件】小島一朗容疑者の祖母の精神攻撃がひどい・・・家族総出で追い込み殺人鬼へ【岡崎】

【新幹線殺人事件】小島一朗容疑者の祖母の精神攻撃がひどい・・・家族総出で追い込み殺人鬼へ【岡崎】

東海道新幹線の車内で男女3人が殺傷された事件で、殺人容疑で送検された岡崎市の無職・小島一朗容疑者の祖母が、6月11日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日)での発言が酷すぎると話題になっている。

スポンサードリンク

これは精神病んでも仕方ないだろ・・・

「免許ばっか持っていても仕事ができなきゃね」

「(働く意欲は)もっていたけど、世の中に出ると甘いもんじゃないよ」

「どうしても一朗、働かないといけないのよ。どうするんだ」

▼ネットの反応

「精神的に追い込んで犯罪を起こさせた祖母にも問題がありそうだ」

「結局今回の件も本人の意思が弱いとか、甘えがーとか、犯罪者の気持ちなんて解りたくもない!とかで終わらせてしまって、何の反省も対策もできずに似たような事件が起こるんだろうな…」

「資格魔は酷いな、頑張ってる他の方々に失礼だと思う。」

「でも、中古の水筒を与える親よりマシだったんだろう。残念な環境だ。」

「家系が詰んでたな」

「怒りの矛先を祖母に向けたらよかったのに」

「祖母酷すぎて悲しくなってくる」

「これだから老〇は……(呆れ)」

「クソババァすぎる」

スポンサードリンク

その他、家族の‟クズエピソード・発言”

・児童保育所から発達障害の疑いを指摘されるも、両親は病院に連れて行かず放置

・「食事を与えない」などの育児放棄や虐待もしていた

・中学生のとき、「水筒が欲しい」と言った小島一朗容疑者に‟中古の水筒”を渡した。一方、姉には‟新品の水筒”を買ってあげた

・不登校になった小島一朗容疑者を施設に入れ(閉じ込め)、子育てから逃亡

・父親「暴力はあったが、怪我してないので虐待ではないと思う」と謎理論

・自殺願望を抱き、家出のときにロープを持ち歩く姿を、祖母は目撃しているのにも関わらず、年金の入ったキャッシュカードを渡すだけで放置

・父親「私と妻の会話の中に‟一朗さん”は一切出てこない」と実の息子を‟さん付け”し‟いないもの”にする

・母親「‟自殺”することはあってもまさか‟他殺”するなんて思いも及びませんでした。」と心無いコメント。また「しばらくの間、そっとしていただけるとありがたいです。」と被害者ずら

家族以外にも、1年ほど働いていた職場では仕事を教えてもらえず、「仕事は盗んで覚えるんだ」「お前はばかだ」といったパワハラを受けていた。

【新幹線殺人事件】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/新幹線殺人事件

スポンサードリンク