野崎幸助の家政婦が亡くなったとの噂がマスコミにリーク!会社の「番頭」に確認した結果・・・【和歌山】

野崎幸助の家政婦が亡くなったとの噂がマスコミにリーク!会社の「番頭」に確認した結果・・・【和歌山】

作家の沖田臥竜さんがツイッターで、和歌山の自宅で急性覚醒剤中毒で死亡した、紀州のドンファンこと野崎幸助の家政婦が昨夕、亡くなったという噂がマスコミにリークされ、一時騒然とする事態になったと明かした。

スポンサードリンク

野崎幸助の家政婦が亡くなったとのリーク→デマと判明

スポンサードリンク

「番頭」とは

番頭は、会社の補佐役、右腕、懐刀といったポジションを指す。会社のナンバー2。

▼番頭は「マコやん」という人物

電源を切ろうと携帯を手に取る。と、そこには着信がずらりと並んでいた。熟睡して気づかなかったのだが、夜の23時から2時に至るまで、何度も電話がかかって来ていたのだ。それも、ドンファンではなく、彼の会社(彼は和歌山・田辺市で不動産業などを営んでいた)の番頭のマコやんや、ドンファンの自宅の掃除や炊事をしているお手伝いのKさん(60代)からだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00055904-gendaibiz-bus_all&p=1

【紀州のドンファン】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/紀州のドンファン

スポンサードリンク