【Rの法則】山口達也の事件、ロッチが予言していた!?【ワイプに注目】

【Rの法則】山口達也の事件、ロッチが予言していた!?【ワイプに注目】

先週放送された「Rの法則」で、山口達也の事件をお笑いコンビ「ロッチ」が予言していたと話題になっている。

スポンサードリンク

ロッチ「高校生と触れ合ったら捕まるかもしれない」

4月16日放送の「出張!HELP学園」という企画で、ロッチら3人が高校に訪問。その際、ロッチが「高校生とふれ合うことない」とし、「高校生とふれ合ったら捕まるかもしれない」と発言した。このときのワイプに注目してほしい。まさに「顔面蒼白」といった表情だ。

昨日の会見では、仕事のときは事件のことを考えていると集中できないため、家に帰ってから反省する日々を送っていたと話していた。しかし番組で関連の話題が出たらそうもいかないだろう。このとき、山口達也は何を思っていたのだろうか。

この話題に対し、ネット上では「ロッチwwww凄すぎますねw」とロッチを賞賛する声や「このまま番組終了したら最悪です」「番組自体、賛否あれど、若いひとたちの流行りや考えが分かる貴重な番組でした」などといったコメントが寄せられている。

スポンサードリンク

「高校生とふれ合うことない」←Rの法則は女子高生ばかりな件

▼当然、連絡先の交換も盛んに行われていた

「10代の男女が出演し、女子高生も多数いる。ジャニーズJr.が出演していた時期もあるが、いつも女の子に手を出していた。しかも出演メンバー全員が一つの楽屋なので、連絡先も交換し放題。女の子を抱える芸能事務所のスタッフが目を光らせても、すぐにちょっかいを出される。『この番組は危ない!』という声がもっぱらでした」(テレビ局関係者)

 司会の山口には楽屋として個室が用意されていたというが、番組関係者によれば、連絡先の交換を主導していたのが山口本人だというから開いた口がふさがらない。

「Jr.が直接口説こうとしても、マネジャーから『気をつけろ』と口酸っぱく言われていた女の子はさすがに警戒していた。でも山口と番組関係者が率先して連絡先を交換させていました。山口や番組関係者から言われたら、女の子も断れませんから」(同)

 一見、優しい気遣いとも思えるが、山口が卑劣なのは、これが性欲を満たすための“いやらしすぎる手口”だからだ。

「番組で常に誰かに手を出してた山口ですが、ジャニーズの後輩たちに先に手を出させて、“ヤレそうな子”も聞いていた。Jr.は『女の子とつなげてくれてありがとうございます!』と常々感謝していた。そんな絶対服従の後輩たちを使って、10代の女子を誘ったり、おいしい思いをさせることで『お前らも共犯だぞ』と思わせて口封じもしていた」(同)

 10代女子からすれば40歳を超えた山口は“黒いオジサン”。ほとんどがうまくかわしていたが、前出の番組関係者や後輩を使い口説いていたという。

「優しいお兄さん的な存在でしたが、水面下では『山口にも気をつけろ!』という情報が回っていた。一部では山口が主導する“乱交番組”という声まであった」(同)

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/991678/

これだけ女子高生がいる中で、プライベートでの交流を持たないことのほうが難しいだろう。事実、山口達也のほか、ジャニーズJr.の面々も手を出していたようだ。

手を出したら負けとわかっていても、ムラムラしてしまったのだろう。山口達也がやったことは許されることではないが、番組の方針にも問題があったように思える。

【Rの法則】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/Rの法則

【TOKIO】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/TOKIO

【山口達也】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/山口達也

スポンサードリンク