テラスタイプ:ステラの仕様解説-ポケモンSV藍の円盤

テラスタイプ:ステラの仕様解説-ポケモンSV藍の円盤

ポケモンSVのDLC「ゼロの秘宝」後編「藍の円盤」に登場した19番目のテラスタイプはステラと判明した。

今回はステラタイプについて、筆者が独自に行った検証結果を報告したい。

スポンサードリンク

テラスタイプ:ステラの仕様

・元タイプと同じ技は威力2倍
複合タイプの場合、どちらも2倍になる

元タイプと違う技は威力1.2倍
→元タイプがないステラタイプも1.2倍

威力が上がるのはタイプごとに一度のみ
例:フェアリー技のマジカルシャインを打った場合、マジカルシャインはもちろんのこと、同じフェアリー技のムーンフォースも威力は元に戻る
→ただし、レイドとテラパゴスはこの制限がない

▼テラスタルするときは全てのタイプが光っているが…

▼使った技は光を失うので、どれを使ったのか一目でわかる

・まもるやみきりなどで防がれたり、無効タイプですかされたり、変化技などダメージが入らなかった場合、威力はそのまま

・防御時は元タイプのまま

・テラバーストはステラタイプになって威力100となり、相手がテラスタルだと2倍弱点となる
→攻撃後、自分の攻撃と特攻が1段階ずつ下がる

▼技エフェクトは星が降り注ぐ演出に

ステラタイプの技は全てのタイプに等倍が取れる

・ほかのテラスタイプ同様、チャンプルタウンの食堂で50個から変更できる

テラバーストに関しては、威力80から100で1.25倍され、ステラタイプで1.2倍となるので、実質計1.5倍に。これは、通常のテラスタルで元タイプと違うテラバーストを打つときと同じ威力である。

今回の検証結果について、何度もダメージ計算を行うなど入念にやったが、それでも100%合っているという保証はないのであらかじめご了承ください。間違っているところがあれば、ぜひコメント欄で指摘してほしい。

ステラタイプの考察については別記事で改めて行うが、個人的には微妙だと思う、ということだけは伝えたい。

スポンサードリンク


※「コメント」以外の入力は任意です
※スパム・荒らし対策のため承認制です
※承認は確認次第するため、同じ内容の連投はご遠慮ください