【悲報】ポケモンバンク、無償化は実質サ終宣告!剣盾ショック以来の互換切りに

【悲報】ポケモンバンク、無償化は実質サ終宣告!剣盾ショック以来の互換切りに

ニンテンドーeショップのサービス終了に伴い、ポケモンバンク無償化が決定した。

一見朗報だが、無償化は一定期間で、今後は新規ダウンロードができなくなる。つまり、ポケモンバンクもやがてサービス終了となる。

スポンサードリンク

無償化に喜ぶなかれ…

公式サイトによると、2023年3月下旬より、ポケモンバンク利用券の販売終了。以降、ポケモンバンクおよびポケムーバーの新規ダウンロードも終了する。

同日より、ポケモンバンクサービスを“一定期間”無償化。無償化の終了時期は未定だという。

公式はポケモンバンク無償化しか触れておらず、今後は500円払わなくていいと喜ぶ人もいるだろうが、今後は新規ダウンロードができなくなり、無償化は一定期間ということで、近いうちにポケモンバンクもサービス終了を意味する。

ポケモンバンクがサービス終了すれば、過去作からポケモンを連れていけなくなり、剣盾ショック以来の互換切りとなる。8世代にはいまだ60匹が未解禁で、過去作から連れてこないと60匹はしばらくの間拝めなくなる。

筆者は伝説のポケモンをUSUMでゲットして連れてくることが多く、同じように過去作から連れてきている人も辛いだろう。USUMは一部ウルトラビーストが1つのデータで何匹でもゲットでき、ウルトラボールが容易に量産できる。互換切りとなれば、こういったこともできなくなる。

一定期間の無償化は、このうちに連れてくるように、というメッセージと捉えられる。後悔しないよう、いまのうちから連れてくることをおすすめしたい。

スポンサードリンク


※「コメント」以外の入力は任意です
※スパム・荒らし対策のため承認制です
※承認は確認次第するため、同じ内容の連投はご遠慮ください