【なぜ】アニメ版「鬼滅の刃 無限列車編」アニオリ1話に「微妙」との声も…

【なぜ】アニメ版「鬼滅の刃 無限列車編」アニオリ1話に「微妙」との声も…

10月10日よりスタートしたアニメ版「鬼滅の刃 無限列車編」。1話はアニオリストーリーでツイッターやニコニコ、海外でも好評だったが、その一方で「微妙」との声もみられた。

スポンサードリンク

アニメ版「鬼滅の刃 無限列車編」アニオリ1話が微妙の理由

鬼に泥臭さが足りない。別のアニメを見てる様な気がしたよ

テンポ遅いしセリフ回しも違和感あるし….

煉獄さんにはうまい!うまい!の大安売りさせるし、鬼もなんか別作品の敵みたい。オリキャラもなんか世界観から浮いてる

もっとすっきりして煉獄さんが無双してる話が見たかったな
無名な鬼なんて秒殺にしてほしかったから微妙

背景の人物動かないし、静止画の紙芝居みたいな流れの悪さ
台詞回しもピンとこない
これ「いらない話」の典型。まさに蛇足

特に多かったのが、切り裂き魔の鬼に関するもの。煉獄さんが無限列車編本編で戦った猗窩座みたいな鬼だが、猗窩座のような魅力はなかった。

無名の鬼でありながら一撃で仕留めきれず、それがテンポ悪いとも。本編の冒頭で戦った鬼は瞬殺していたからなおさらだ。

弁当屋のトミは20年前、煉獄さんの父・槙寿朗に助けられたと語っていたが、回想のトミは黒髪で若い頃とみられ、もっと前の出来事ではないかとツッコまれている。

アニオリ1話の本命は、本編の冒頭で煉獄さんが大量の牛鍋弁当を食べていた裏側だが、そもそもいらなかったという声もみられた。

そのため「それだけワニ先生の原作がすごいってことなんだな…」と改めて原作者のセンスを評価する声も寄せられている。

スポンサードリンク


※スパム・荒らし対策のため承認制です
※承認は確認次第するため、同じ内容の連投はご遠慮ください