【143話】呪術廻戦の死滅回游、HUNTER×HUNTERみたいだと話題に→「連載再開」がトレンド入り

【143話】呪術廻戦の死滅回游、HUNTER×HUNTERみたいだと話題に→「連載再開」がトレンド入り

今週の呪術廻戦(143話)で、伏黒は虎杖に呪術師同士の殺し合い「死滅回游」への参加協力を求めた。このルールが「HUNTER×HUNTER」みたいだと話題になり、さらに「連載再開」がトレンド入りする事態となった。

スポンサードリンク

呪術廻戦の死滅回游のルール

▼分かりやすく言い換えたバージョン

HUNTER×HUNTERの「ハンター十ヶ条」みたいだと話題に!

死滅回游に対し、ツイッターではHUNTER×HUNTERに登場する「ハンター協会」が定める「ハンター十ヶ条」を思い出す人も。ルール内容は、ハンター試験編の四次試験みたいとも指摘されている。

■四次試験のルール

無人島を舞台に、それぞれが持つナンバープレートを奪い合う。無論手段は一切不問。
各参加者ごとに一名ずつ「標的」が定められ、自分のプレート・「標的」のプレートは3点、それ以外の相手のプレートは1点として計算する。
期間は一週間。合計6点分のプレートを持ってスタート地点に帰ればクリア。

ピクシブ百科事典より

これを受け、「HUNTER」がトレンド入り。サジェストに「呪術廻戦」などが浮上した。

スポンサードリンク

「連載再開」がトレンド入り!

また、「連載再開」もトレンド入り。サジェストには「呪術廻戦」「ハンターハンター」「死滅」など、今回の件に関連するキーワードが浮上している。

これに対して「紛らわしい!!笑 冨樫先生はよ続き書いてください…」「ウキウキで見てみたら、呪術のネタバレくらったんだが!再開もしねぇし!」「毎回勘違いするわw」といった声が飛び交っている。

スポンサードリンク

※承認制