【JK妊娠で大炎上→流産パンチ期待とクソリプの嵐】「茶みらい先生を殺したのはアンチのせい」 ガキ大将シリーズのファンがブチギレ激怒

【JK妊娠で大炎上→流産パンチ期待とクソリプの嵐】「茶みらい先生を殺したのはアンチのせい」 ガキ大将シリーズのファンがブチギレ激怒

イラストレーターの茶みらい先生によるツイッター漫画「ずっと男の子だと思っていたガキ大将が女の子でした」(ガキ大将シリーズ)で、主人公の女子高生が妊娠するというルートになり、大炎上している。

これを受け、ガキ大将シリーズのファンとみられる人がブチギレ激怒している。

スポンサードリンク

「茶みらい先生を殺したのはアンチのせいだぞ。絶対に許さんからな」

こう激怒するのはカタクレンさん。ガキ大将シリーズのファンとみられ、茶みらい先生が鍵垢となったことで漫画が更新されなくなり怒りを抑えきれないようだ。

その後のツイートでは「絶対にアンチと戦わないでください」としつつ、「自分も戦う気はないので茶みらいさんの復帰を長らく待ちましょう」と呼び掛けた。

なお、茶みらい先生が死んだかのようなツイートをしたことについて、「茶みらいさんはリアルで死んでません。閉鎖状態みたいな感じになってます」と補足した。

なぜ炎上した?

カタクレンさんのツイートには、そもそもなぜ炎上したのか尋ねる書き込みが相次いでいる。

ガキ大将シリーズは、ずっと男の子だと思っていた幼馴染と再会したら、立派な美少女に成長していたという描写から始まる。再開して間もないはずだが、イチャラブっぷりを見せつけ、早くも付き合いだし、お互いに高校生でありながら同棲する部屋まで借りた。

そんな2人がヤってないはずもなく、8月29日には妊娠を匂わせる漫画を公開。9月5日にはヒロインの女の子が産婦人科から出てきて妊娠を知らせる漫画を公開した。

高校生の妊娠ということで当初から批判が寄せられ、19日に女の子のお腹が膨らんだ漫画が公開されると、

一周回って腹パンしたい

流産パンチ期待

流産パンチあるのまじすか?

キックルートに進んでくれ

ずっと男の子だと思ってたのに
なんで孕ませられると思ったんですか?

といったクソリプが殺到。

当初はブロックで対処していたそうだが、次第に追い付かなり、鍵垢にしてしまったようだ。以後、ツイッターで続きは更新されていないという。

スポンサードリンク

ファンボックスで続きが更新される

続きが更新されなくなったガキ大将シリーズだが、9月26日にピクシブファンボックスで続きが更新された。しかし、読むには月額550円以上の支援が必要となる。

カタクレンさんによると、今回の更新で完結したという。

カタクレンさんのツイートには

僕も毎回楽しませてもらってたのにしょーもないアンチが湧くせいで、、、ほんとに残念です

茶みらいさん、なんも悪くないのに

ガキ大将もそうだけど、コスプレのやつめちゃくちゃ好きだったんだけど

ほんと好きな絵師だっただけに悲しみがすごい…

など、ツイッターでの活動が絶望的になったことを悔やむ声が相次いでいる。

▼購入ページ

スポンサードリンク