【炎上】クルド人に暴行した警官、ノーマスク指摘され逆ギレか 渋谷署前で抗議デモ「外国人を差別するな」

【炎上】クルド人に暴行した警官、ノーマスク指摘され逆ギレか 渋谷署前で抗議デモ「外国人を差別するな」

東京・渋谷区の路上でトルコ出身のクルド人男性が警官2人に押さえ込まれるなどの暴行を受け、首に全治1ヶ月のけがをした。これを受け、5月30日に警察への抗議デモがあり、その様子を撮影した動画でツイッターで拡散している。

クルド人男性は「交通違反も何もしていないのに、外国人というだけでひどいことをされた。話も聞かずに乱暴することが許されていいのでしょうか」と被害を訴えた。

また、フリージャーナリストの樫田秀樹氏はクルド人男性から送られてきた動画や証言をツイート。警官が暴行に至った経緯を語った。

スポンサードリンク

クルド人、警官に押さえ込まれ全治1ヶ月のけが 渋谷署前で抗議デモ「外国人を差別するな」

東京都渋谷区の路上で警察官2人に押さえ込まれるなどして首に全治1カ月のけがをした外国人男性(33)を巡り、30日、市民らによる警察への抗議デモがあった。一緒にいた友人が撮影した動画がインターネットを通じて拡散したことで約200人が集まり、警視庁渋谷署前などで「外国人を差別するな」などと声を上げた。

けがをしたのはトルコ出身のクルド人男性。15年前に来日し、定住者ビザを得て、飲食店で働いている。男性は27日、氏名不詳の警官2人を特別公務員暴行陵虐致傷罪で東京地検に刑事告訴した。男性は毎日新聞の取材に「交通違反も何もしていないのに、外国人というだけでひどいことをされた。外国人だから、話も聞かずに乱暴することが許されていいのでしょうか」と話している。

告訴状などによると、5月22日午後3時半ごろ、男性が乗用車を運転してJR恵比寿駅前で停車していたパトカーの脇を通り過ぎ、明治通りで左折したところ、サイレンを鳴らして追尾してきたパトカーに停止を命じられた。男性は警官から「車の内部を調べたい」と求められたが、治療を受けている歯科に向かう途中だったため拒否。その後、警官2人が車を降りた男性の両腕をつかみ、首を押さえつけて、地面に引き倒すなどし、首や脚、脇腹にけがをしたという。

車に同乗していた男性の友人が撮影した動画には、「何もしてない」「さわらないで」「話を聞いて」と訴える男性に、警官が「なめんなよ」と声を上げ、地面に座らせ、首に腕をかける様子が収められていた。

男性によると、現場には約30人の警官が駆けつけ、男性の承諾のないまま、車のトランクにあった段ボールが破かれたり、バッグの中身を調べられたりしたが、そのまま現場で解放されたという。

男性は「私は逃げても暴れてもいませんでした。首を絞められて『息ができない』と言ったのに、友人が撮影していることに気づくまで緩めてもらえませんでした」と説明している。

今回のデモを呼びかけた男性(28)は「何もしていない人に暴力を振るっており、明らかに不当だ。警察の外国人差別は許せない」と話している。

5月30日配信「Yahooニュース」(毎日新聞)より

スポンサードリンク

暴行に至る経緯

これが事実だとしたら、警官は理由もなく後をつけ、マスクを着けていないことを指摘されたことに逆ギレして暴行したということになる。

▼上記動画を翻訳したもの

ネットでは「職質に従わず、怪しい動きしたからだろ?」「警察が何もないのに拘束しますかね?」といった声も。また、駐禁の職質から逃げたので拘束されたという憶測もみられたが、男性はすぐに解放されており、事実ではないだろう。

なお、「外国人を差別するな」に関しては「別にクルド人だから扱いが悪いわけじゃないでしょ」と日本人でも同じ扱いだという声が寄せられている。

いずれにせよ、手を出した時点で警官の負けだ。クルド人男性は、当該警官2人を特別公務員暴行陵虐致傷罪で刑事告訴。真相は法廷で明らかになるだろう。

スポンサードリンク