【土スタ】足立梨花のあざはシミ取りシール説

【土スタ】足立梨花のあざはシミ取りシール説

タレントの足立梨花が、5月30日放送の「土曜スタジオパーク」に出演。その顔には10円玉のあざが二か所できており、心配の声が上がっている。

スポンサードリンク

足立梨花の顔にあざ

画像を見てみると、足立梨花の左目下と右ほほに10円玉くらいのあざが一か所ずつできている。このあざについて、番組内で言及はなかったという。

5月27日の時点ではあざはない

▼リンク先の投稿

View this post on Instagram

関ジャム👗  ワンピース @troisiemechaco

A post shared by 足立梨花【あだっちぃー】 (@adacchee) on

土曜スタジオパークは生放送番組ということで、28日以降にあざを作ったと思われる。

突然のあざに、ツイッターでは「顔は大丈夫ですか?」「誰にやられたんだ!?」「どっかでコケたのかな?」など心配の声が寄せられた。その一方で「メイクで隠せなかったのかな?」といった声もみられた。

スポンサードリンク

実はシミ取りシールだった!?

足立梨花のあざについて、シミ取りシールではないかという声が上がっている。

調べたところ、シミ取りのレーザー照射を行った患部を保護するために医療用テープを貼るそうだ。形状はいろいろあるようだが、足立梨花と同じ10円玉くらいのシールもある。

このシールは1週間から10日間くらい貼り続け、はがした際にかさぶたとなって取れれば治療完了。なお、その間にメイクや洗顔などは可能だが、シールが取れそうになった時は市販のテープなどで固定する必要がある。

シミ取りシールだとしたら、メイクで完全に隠すことはできず、しばらくはがせないので可能性は高い。27日にはなかったので、28日以降にシミ消し治療を受けたのかもしれない。

スポンサードリンク