【駅員死亡】唾かけられた鉄道職員、新型コロナ感染で死亡「殺人だろ」「狂気染みてきた」

【駅員死亡】唾かけられた鉄道職員、新型コロナ感染で死亡「殺人だろ」「狂気染みてきた」

イギリス・ロンドンのビクトリア駅で3月22日、新型コロナウイルスに感染していると主張する男から唾と咳をかけられた鉄道職員のベリー・ムジンガさん(47)が新型コロナに感染し、死亡したことをムジンガさんが所属する労働組合が5月12日に明らかにした。

このニュースに対し、ネットでは「殺人だろ」「狂気染みてきた」といった声が寄せられている。

スポンサードリンク

自称・新型コロナ感染の男から唾と咳→かけられた鉄道職員が死亡

英国で、新型コロナウイルスに感染していると主張する男から唾とせきをかけられた鉄道職員の女性が、新型ウイルス感染により死亡した。女性が所属する労働組合が12日、明らかにした。

この女性はベリー・ムジンガ(Belly Mujinga)さん(47)。運輸従業員労組(TSSA)の発表によると、ロンドンのビクトリア(Victoria)駅で3月22日、同僚と共に被害を受け、2人とも数日後に新型ウイルス感染症を発症した。

TSSAは「2人はコンコースの切符販売窓口そばにいた際、一般市民の男に襲われ、唾を吐きかけられた。男は2人に向かってせきをし、自分はウイルスに感染していると告げた」と説明している。

ムジンガさんは体調を崩した後、4月2日に病院に搬送されて人工呼吸器をつけられ、3日後に亡くなったという。ムジンガさんは2000年にコンゴ民主共和国から英国に移住し、夫と11歳の娘がいた。

衝撃的なこの事件に対しては大きな批判が湧き上がり、英政府も「卑劣」と非難。英鉄道警察(British Transport Police)は、事件の捜査を開始したことを認め、目撃者に情報提供を呼び掛けた。

5月13日配信「AFPBB」より

死亡したベリー・ムジンガさん

JNNより

スポンサードリンク

「殺人だろ」「狂気染みてきた」

また、男は唾を吐いたということで、口から体液を発射して攻撃するドラゴンボールのダーブラ、モンハンのゲリョスかと思ったという声もみられた。

スポンサードリンク