【本当?】山梨コロナ女性の友人名乗るTwitter登場!「情報に多くの誤りがあるので修正させていただきます」

【本当?】山梨コロナ女性の友人名乗るTwitter登場!「情報に多くの誤りがあるので修正させていただきます」

新型コロナウイルスに感染した東京都の20代女性は、山梨県に帰省した際に感染が確認されたが、感染を知りながら帰京したことが分かり、ネットで特定やバッシングにあっている。

そんな中、女性の友人を名乗る人物が5月5日、ツイッターに登場。情報に多くの誤りがあるとして、修正されていただくとツイートを開始した。

スポンサードリンク

山梨コロナ女性の友人名乗るTwitter登場!

長々とツイートしているので簡単にまとめると

・女性はアレルギー性鼻炎や花粉症持ちで、3月末頃からにおいが分かりにくいことがあり、それを保健所に伝えたところ、味覚障害があったと誤報された

・4月30日に東京の知人がコロナに感染したという知らせを受け、周りから念のため検査を受けるよう勧められ、その結果、陽性と判明

・ホテルの隔離を拒否し自宅待機をしているというのは事実ではない

・勤務先はマリアージュフレールというのはデマ

▼これに関しては、店側も否定しているので事実

・新宿駅から本当に徒歩で帰宅した

・女性は東京の自宅で犬を飼っておらず、「犬が心配で帰った」という報道はデマ

・水商売やパパ活などで収入を得ていた事実はない

・一緒にバーべーキューをしていた友人について、多くの間違った情報が拡散されている
⇒投稿者もその一人で、職場に問い合わせが来たり、親戚の家に無言電話が来るなど大きな被害を受けている

▼5月2日に山の中でバーべキューをしたと投稿したIさんもその一人

・女性は保健所に情報の修正を求めたが、「保健所が把握しているから大丈夫だ」などと言われて、訂正してもらえなかった

・拡散されたTwitterは女性が過去に使っていたのもので、アカウントから自分の写真が流出したため写真の削除をしたが、その途中でアカウントが乗っ取られ、「かかってこい」などの書き込みが勝手にされた

▼拡散されたTwitter

▼詳細はこちら

・このほかに女性のTwitterはない

女性の友人を名乗るこの人物は助産師として働いているといい、一緒にバーべキューをした一人として拡散されているが事実ではないと話す。そもそも、参加者の中に看護師はいなかったという。

スポンサードリンク

「信ぴょう性に欠ける」「嘘をついた女性よりも保健所を信用する人が多い」

一方、ツイートには「捨て垢で何を宣っても信憑性がありませんよ?」「あなたが友人であるという証拠はありますか?」など疑いの声が寄せられたほか、「嘘をついた彼女の言い分よりも保健所の方を信用する人の方が多い」「乗っ取られたのではなく本人が別のアカウント名に変えたから」「山梨県が『(本人や家族の発言に)整合性が取れない』って公式で発表していますよね?」といった指摘も寄せられた。

女性の友人を名乗るこのアカウントは、助産師と職業を明かしたものの、それ以外の情報は一切開示していない。女性の偽アカウントが多数見受けられる中、これもその一つではないだろうか。

スポンサードリンク